「本木隆一郎」おすすめ作品一覧

  • 作者名:本木隆一郎(モトキリュウイチロウ)
  • 出身地:日本 / 神奈川県

東京大学経済学部卒。『ヤバい経営学: 世界のビジネスで行われている不都合な真実』(フリーク・ヴァーミューレン)の翻訳などを手がける。

作品一覧

2013/04/12更新

ユーザーレビュー

  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実

    [裸の王様にすきま風を]経営や企業運営に関して、一般の人にも広く共有されたイメージや考え方の誤りを、時に鋭く、時にユーモアあふれる語り口で指摘した作品。企業における成功や失敗、M&Aの功罪など、幅広いテーマについて思わず「えっ??」と思わせてくれる方向から新たな物の見方を読者に授けてくれます。著者は...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実

    久々の当たり。
    東洋経済新報社の「ヤバい」シリーズ?という感じだが、もちろん話題となった「ヤバい経済学」とは直接の関係は無い。
    「コアビジネスへの集中が強い企業の条件って、単純過ぎない?」「ノウハウのデータベースが悪さをすることもある」「イノベーションを起こす会社は、ほとんど例外なく早く死ぬ」「何度...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実

    ・経営者も他の経営者のまねをしているにすぎない。
    事例:新聞社は新聞のサイズを小さくすればいいのに、なかなかそうしない。製薬会社のMRも非効率だが、すべての会社がやっているからなくならない。
    ★全く同感。
    ・経営が危ないときは、コストよりも売り上げを重視したほうがよい。
    ・経営が危ないとき、経営者に...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集