「中山文十郎」おすすめ作品一覧

「中山文十郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中山文十郎(ナカヤマブンジュウロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年05月15日
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

『まほろまてぃっく』(作画:ぢたま(某))がTVアニメ化された。手がけた作品には漫画原作で『音禰(おとね)のないしょ』(作画:井上和郎)、『まにゅーば!rideAT』(作画:山鳥おふう)など、小説で『雪菜のねがい』などがある。

作品一覧

2016/12/26更新

ユーザーレビュー

  • シャイナ・ダルク 4巻 ~黒き月の王と蒼碧の月の姫君~
    なにやらアニメ化らしいですね。色々なマンガがあっていいと思うけど、このマンガマンガした展開とギャグが良作たる所以だと思う。のほほんとした感じと冒険モノっぽい雰囲気なんて絶妙だね。海に行ったら触手がでてきたりもしてすばらしい。シャイナ・ダルクではノエル最強説が濃厚らしい。
  • まほろまてぃっく 8巻
    8巻(完結巻):ISBN4847034791 2004年12月5日初版発行 1,100円(税別)
    副題:美里家のまほろさん
    収録内容:マシュー、さよならの日、絆、カウントダウン、まほろの願い、空に星の降った日から・・・、そして,紫陽花の咲く庭で
    (マシューの生い立ちが明らかに、セイント(異星人)の本...続きを読む
  • まほろまてぃっく 7巻
    7巻:ISBN4847034546 2003年10月10日初版発行 950円(税別)
    副題:涙で動くメイドさん
    収録内容:運命との対峙、解放の鐘、ごめんなさい(前・後編)、涙のあとさき、花降る夜
    (まほろから優へ自分が優の父にしたことの告白、フェルドランスの画策、みなわの怒り、治療、温泉養生、まほろ...続きを読む
  • まほろまてぃっく 1巻
    「えっちなのはいけないと思います」とか言っておきながら、1巻から人身のために全裸になるアンドロイド・まほろさんが異常にエロ可愛い。 全体を見れば『ドタバタイチャラブ→バトル→二人の世界』という「はいはい、お二人はラブラブなんですね」な展開だが、メイドとして寿命をすり減らしながら戦うまほろさんの姿は何...続きを読む
  • シャイナ・ダルク 3巻 ~黒き月の王と蒼碧の月の姫君~
    3巻は牛追い
    双月の二人、クリスティナとガレットが総督副総督に任命され"牛"を追います。
    落ち込んだままのクリスティナ。
    元気な姿の中にも影が見えるガレット。
    その陰にはどうやらガレットの過去が関係しているようだ。
    相変わらずのテンションと展開でたのしいマンガだね。

特集