「築島治」おすすめ作品一覧

「築島治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:築島治(ツキシマハル)
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

『鬼カレ』、『好き・嫌い・好き』、『泣かんもん! 』などを手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/04/13更新

ユーザーレビュー

  • 私たちには壁がある。 2巻
    普通におもしろい。怜太も真琴も素直じゃないなー。真琴はまぁ良しとして、怜太はなんであんなに素直になれないの。もう安孫子くん超いいじゃん。ドキドキポイント多い。さらに真琴の友達の樹里ちゃん超いいアシストするなー。修学旅行の布団に隠れるやつ、え?え?と思って何度も見直しちゃった。
  • 私たちには壁がある。 3巻
    じゃあ俺と付き合う?ってあたりから安孫子くんがよくわからなくなってしてしまった。本当にいい人なんだろうけど、そこまでするの?でもデートのときの、何回もだと本気にするってやつ可愛かった。そのあとの頼むから…の後は何を言おうとしたんだろ?妹の怜太へのお願いは何だったんだろ?
  • 私たちには壁がある。 1巻
    ヒロインの真琴がサバサバしてて好感。そしてバカだけどイケメンの怜太もすごーく上手にキュンポイントを織り交ぜてくるから面白い。たまにイケメンか?と疑う絵もあったけど、しばらく読み続けていればイケメンに見えてくる不思議。安孫子くんが当て馬かな?かっこいい。
  • 私たちには壁がある。 4巻
    祐介が押しまくる。怜太にも宣戦布告。真琴の妹のお願いはデートと可愛いもんだったけど、怜太の気持ちがハッキリわかったのが良かった。なぜ真琴に素直になれないんだ。ややこしい。最後は祐介と怜太で真琴の取り合い。女子の夢のやつ。
  • 私たちには壁がある。 1巻

    大好き

    このマンガは『デザート』で新連載された時から読んでいますが、展開が良すぎる!ハラハラドキドキするし、れいたの気持ちも真琴の気持ちも共感できる大好きなマンガです!!

特集