松浦まどかの一覧

「松浦まどか」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 池上彰のマンガでわかる経済学<1> 経済のしくみ
    経済学とは?や貨幣の誕生、4名の経済学者について、比較優位とは?、インフレデフレの内容が書かれてある。経済のことが分からない私にとってはとても分かりやすく勉強になった。緩やかなインフレが世界の経済学者の共通認識となっている。
  • 池上彰のマンガでわかる経済学<2> ニュースがわかる
    シリーズ「1」から続けて読みたくなると踏んで、「2」もまとめて購入。
    「バブル景気」「リーマンショック」のことが噛み砕いて書かれていて、わかりやすさでいうと満足度★5つ!
    漫画のストーリーの中で、主人公の二人が急遽ラジオに出演して経済の話をする場面があるが、結局は「人に話す」ことで、自分の頭の中が整...続きを読む
  • 池上彰のマンガでわかる経済学<2> ニュースがわかる
    読書記録です。まだの人は読まないでね。

    年子の育児にワンオペで忙殺されていたころ、NHKの「お父さん」をよく見てました(笑)世間から切り離されて、目の前の家事をするためだけに身体は動かすけど、アタマを働かせることはあまりなくて…元からあほやったけど、もっとアホになっていくな~と危機感持ってたときに...続きを読む
  • 池上彰のマンガでわかる経済学<2> ニュースがわかる
    1.バブルはなぜ生まれ弾けたか
    土地の高騰により、みんなが金持ちになったと勘違いした。一般の人が持ち家を持てなくなり、政府が不動産会社にこれ以上融資を禁じた(総量規制)。また、土地の0.3%に地価税をかけたため、土地の売買が減り土地を持っている人が裕福である神話が崩れた。
    2.円高と空洞化
    3.年金...続きを読む
  • 池上彰のマンガでわかる経済学<2> ニュースがわかる
    日本もかつてあったバブルの時代がどうやって生まれたか。
    バブルという時代はどんな時代だったのか。
    バブルはくるのか。
    今の経済があるのは何がきっかけだったのか。
    なぜ日本は多大な借金があるのか。
    インフレが続いた時代の政府や民間・銀行の流れがとてもわかりやすく記されています。

    気になる年金の仕組み...続きを読む