「ジョージ朝倉」おすすめ作品一覧

「ジョージ朝倉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ジョージ朝倉(ジョージアサクラ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1974年05月11日
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

1995年、『パンキー・ケーキ・ジャンキー』でデビュー。『恋文日和』、『溺れるナイフ』、『ピース オブ ケイク』など多くの作品を手がける。代表作『恋文日和』は映画化やドラマ化され、第29回講談社漫画賞少女部門を受賞した。

無料・値引き作品コーナー

無料
別冊フレンド0号Vol.4
無料
別冊フレンド0号Vol.3
無料
別冊フレンド0号Vol.2
無料
別冊フレンド0号
0円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/05/21更新

ユーザーレビュー

  • ダンス・ダンス・ダンスール(1)

    おもしろい!

    キャラクターも良く、ストーリーに引き込まれました。
  • ダンス・ダンス・ダンスール(1)

    バレエ版スラダン

    正にバレエ版のスラダンで王道中の王道なんだけどやっぱり面白い!!!
    評判いいので読んでみました。
    ダンスというので社交ダンスと思っていたらバレエの物語
    バレエって結構筋肉使うイメージで演舞よりも演武寄りのイメージなのでダンスでピンと来なかったのですが読んでみると既視感...
    自惚れの強い主人...続きを読む
  • ダンス・ダンス・ダンスール(7)
    2017.11.7

    ひさしぶりにヤバおもしろい
    ジョージ朝倉の漫画、いままでは単純な若さの疾走感や恋愛感情の描写が多かったけど溺れるナイフ以降は少年少女がある一定の年齢で放つ魅力が丸ごとそのまま出ていて、きっとその魅力は彼らにもわからない不思議なきらきらを見出してひたむきに信じて追い回すことができ...続きを読む
  • 恋文日和 1巻

    言葉の魅力

    ポエムを馬鹿にしていた私が、ポエムって凄い!って思わされた。
    図書館のラブレターお話の最後の手紙は、(手紙っていうよりポエム)
    書き手と文面のギャップ、言葉選び全てがツボに入った。
  • 恋文日和 3巻

    10年ぶりに読んだ。

    改めて読んだらやっぱり面白い!
    金子の真似してiPod買った懐かしい思い出も蘇った。

    昔は3話目がすきだったけど、今は1話目が可愛くて好きかな?

特集