「佐藤卓」おすすめ作品一覧

「佐藤卓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/22更新

ユーザーレビュー

  • 塑する思考
    佐藤さんがデザインの仕事の中で感じた「デザインは装飾であるという誤解」の危機感と、デザインを通して考えた人の営みについてエッセイ的に書いた本。
    「デザインが一切関わっていない物や事はひとつもない。どんな分野のどんな物事にも、すでにデザインがある。デザインとは水のようなもの。」と語る点は大変同感。

    ...続きを読む
  • 塑する思考
     クールミントやニッカのエピソードは、正しく創造的なエピソードである。
     その一方で、サーフィンの話は、微苦笑。
  • 塑する思考
    『「付加価値」撲滅運動』とか『「便利」というウィルス』などの章が特におもしろかった。デザインとはそもそも何か、というところから始まり、グラフィックデザイナーの視点から見た現代の様々な側面を、わかりやすい文章で伝えてくれる。
  • 塑する思考
    装飾のためのデザインではなく、無駄を省くデザインの重要性を示唆する。冷蔵庫の例えが分かりやすかった。
  • 塑する思考
    人間は猿人からの進化で体毛がなくなった。もじゃもじゃの方が怪我もしにくいし暖かいのに。

    身体が弱くなった、不便になった。ちょっと転んだだけで擦りむくし痛い。でもその代わりに、全身の末端までに行き届いた神経のお陰か、体の外のことが感じやすくなった。感受性が豊かになったらしい。

    不便と口にするが実は...続きを読む