作品一覧

  • 幸せをさがして【ハーレクインSP文庫版】
    -
    45周年特選 1 ベティ・ニールズ2024年は、HQ日本創刊45周年!巨匠作家の話題作を月替わりでお贈りします。可哀想ヒロイン決定版! 意地悪な継母、大好きな彼さえつれなくて。 継母に虐げられ続けて、耐えられず家を飛び出した孤児ベッキー。雨の中で途方にくれていると、ロールスロイスに乗った優雅な身のこなしの、見知らぬオランダ紳士が声をかけてきた。医師でもある男爵ティーレ――彼は濡れそぼったベッキーを連れ帰り、足の悪い母親の付き添いとして屋敷での滞在を許した。生まれて初めて優しくされてどうしようもなく彼に惹かれていくベッキー……。だが、ある日、ティーレが自分のことを、「やせぎすのねずみみたいな娘に僕は魅力を感じない」と話しているのをもれ聞いて、思わず涙ぐんでしまう。 *本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • せつないプレゼント【ハーレクイン・マスターピース版】
    -
    男性は美人か裕福な娘に心を奪われるもの。私は、そのどちらでもない……。 ロンドンで多忙な日々を送る看護師メアリー・ジェーンは、余命幾ばくもない祖父の看病をするため帰郷した。すると、彼女の唯一の肉親である祖父は、オランダから呼び寄せた外科医ファビアンを紹介して言った。「私が死んだら、ファビアンがおまえの後見人を務めてくれる」もう22歳なのになぜ後見人が必要なの? メアリー・ジェーンは思った。かなり年上のファビアンは、見た目は満点の男性だけれど、ひどく傲慢で、まるでばかにしたように私を見てくる。だがほどなくして祖父が亡くなると、彼女はファビアンに連れられてオランダへ行くことになるのだった……。 ■初めて会ったとき、ファビアンはにこりともせずにメアリー・ジェーンを頭から爪先までチェックし、彼女を不安にさせたのでした。無愛想な彼がいったい何を考えているのかわからなくて……。18歳差の二人が小さな喧嘩を繰り返しながら織りなしてゆく恋模様とは? *本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン・マスターピース版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • せつない秋【ハーレクインSP文庫版】
    -
    彼はドクターで男爵。身分違いの恋は叶わない。 婚約者にほかに女性がいると知って、サファーは病院を辞め、専属看護師として、ある老男爵夫人の屋敷に勤めることにした。ところが男爵家の嫡子、ロルフ・ファン・ドイレンの存在が、すべてを忘れたい、傷ついたサファーの心を波立たせる。冷たい態度で接する一方で、サファーを見つめる目が熱い。真意がつかめないサファーは、その奇妙な誘惑に戸惑いつつも、秀麗な貴公子ぶりの美貌の彼から、磁石のように目が離せない。ある日、ロルフに思わせぶりな言葉を囁かれ、動揺した。「僕には好きな人がいるが、その人には恋人がいる」と――。 *本書は、ハーレクイン文庫から既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • スター作家傑作選~突然のキスと誘惑~
    -
    素敵な恋のはじまりは、甘いキスとロマンティックな誘惑―― ■素敵なドクター、ギリシア富豪、敏腕社長からの究極の求愛! 英国を代表する“至宝”の3作家、ベティ・ニールズ、サラ・モーガン、キャロル・モーティマーが綴る、3つの甘美な恋物語をお楽しみください。
  • オフィスのシンデレラ【ハーレクインSP文庫版】
    -
    その金曜日――ボスは地味秘書に 恋の魔法をかけた。秘書のミーガンには最近、気になっていることがある。 ボスであるダン宛に何通も、謎めいたラブレターが届くのだ。 ダンはハンサムな独身貴族。言い寄る女性も多いだろうが、 困りきったダンの様子を見るかぎり何か事情がありそうだ。 聞けばダンは手紙の主に長年つきまとわれていて、 家族同士が親しいため今週末も顔を合わさねばならないという。 誰か恋人を連れて帰ってはどうでしょう――そう提案すると、 ダンは地味で冴えない秘書の全身を思案顔で眺め、 おもむろに頷いた。「君が恋人のふりをしてくれないか」
  • せつない秘密
    -
    ■四十年近くも封印されてきた真実。それが今、明かされようとしている。■往年の大女優、レイチェル・リッチモンドに突然招待され、レオニーはとまどいながらも壮麗な屋敷を訪れた。だが最初に彼女を出迎えたのは、レイチェルの息子ルークだった。彼はレオニーに、母に近づくなと強く警告する。ところが、ほどなく現れたレイチェルはこう言った。「あなたに私の伝記を書いてもらいたいの」レイチェルは三十八年前に未婚のままルークを産んだが、息子の父親についてはかたくなに沈黙を守ってきた。それがなぜ今になって、過去を語る気になったのだろう?しかも、まったく面識のない私に伝記を書かせるなんて。依頼を引き受けるかどうか返事を保留して帰ったところ、翌日の午後、いきなりルークがレオニーの家を訪ねてきた。■今やハーレクイン・イマージュを代表する作家となったキャロル・モーティマー。今作では、彼女のストーリーテラーとしての才能が遺憾なく発揮されています。感動のラストシーンにご注目!
  • 幸せをさがして【ハーレクイン文庫版】
    -
    継母に虐げられ続けて、耐えられず家を飛び出した孤児ベッキー。雨の中で途方にくれていると、ロールスロイスに乗った優雅な身のこなしの、見知らぬオランダ紳士が声をかけてきた。医師でもある男爵ティーレ――彼は濡れそぼったベッキーを連れ帰り、足の悪い母親の付き添いとして屋敷での滞在を許した。生まれて初めて優しくされてどうしようもなく彼に惹かれていくベッキー……。だが、ある日、ティーレが自分のことを、「やせぎすのねずみみたいな娘に僕は魅力を感じない」と話しているのをもれ聞いて、思わず涙ぐんでしまう。 *本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 氷雨降るハーグ ベティ・ニールズ選集 1
    3.5
    1~27巻660円 (税込)
    唐突なプロポーズ――それは、あまりに悲しい恋の結末。 ロンドンの聖モード病院で働くオクタヴィアはある日、勤勉な仕事ぶりを買われ、出張看護の命令を下された。地中海めぐりのソクラテス号に乗船しろというのだ。船上で彼女は、かつて病院にけが人を運び込んだ男性と再会する。そのとき彼は“必ずまた会う”と自信満々に言い、オクタヴィアの脳裏にその姿を刻みつけたのだった。オランダの医師だという彼とともに船で過ごすうちに、無愛想だが親切な彼にオクタヴィアは心惹かれるようになる。だが航海が終わったとき、彼がもたらした残酷な仕打ち――それは愛のかけらもない、便宜的な結婚の申し出だった! ■「君に恋しているふりはできないが」と、ルーカス医師はあまりにむごい言葉とともにプロポーズします。オクタヴィアの返事はいかに……? 伝説のロマンス小説家ベティ・ニールズが描く、心がほっこり温まる珠玉作です。
  • せつない秋【ハーレクイン文庫版】
    -
    婚約者にほかに女性がいると知って、サファーは病院を辞め、専属看護師として、ある老男爵夫人の屋敷に勤めることにした。ところが男爵家の嫡子、ロルフ・ファン・ドイレンの存在が、すべてを忘れたい、傷ついたサファーの心を波立たせる。冷たい態度で接する一方で、サファーを見つめる目が熱い。真意がつかめないサファーは、その奇妙な誘惑に戸惑いつつも、秀麗な貴公子ぶりの美貌の彼から、磁石のように目が離せない。ある日、ロルフに思わせぶりな言葉を囁かれ、動揺した。「僕には好きな人がいるが、その人には恋人がいる」と―― *本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 仮面の花嫁【ハーレクインSP文庫版】
    -
    セバスチャン・フィオルキスと結婚しろですって?アリージアは冷酷な祖父の言葉に耳を疑った。私の愛する父を死に追いやったギリシア人実業家!その名を耳にすることさえつらいのに。祖父はショックを受けているアリージアを無視して、ある計画についてとうとうと語りだした。政敵への復讐の駒として働きさえすれば、報酬はたんまり支払ってやろうと言うのだ。祖父は知っているの? 私が早急に大金を必要としていると。 *本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクインSP文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 嘘と嘘の間【ハーレクイン・セレクト版】
    -
    ハンサムで裕福な実業家の夫レオ、かわいい息子と娘──ブルックは絵に描いたような幸せな生活を送っていた。そんなある日、レオの兄が事故で亡くなったとの知らせが入り、急遽ブルックはレオとともにイタリアのコモ湖畔にある、レオの両親と亡兄の妻が待つ別荘へと向かった。葬儀のあと、ふと耳に飛びこんできた両親の会話に、ブルックの全身が凍りついた。夫と義姉がかつて婚約していた?嘘よ、彼が今でも義姉を愛しているだなんて!その日からだ。レオの様子が冷たく感じられるようになったのは。数日後、不安に怯える妻に、レオはついに重い口を開くが……。■大人気作家ミランダ・リーが、愛憎に翻弄されるひと組の夫婦の再生を情感たっぷりに描きます。ほんの些細な出来事が、完璧な夫婦を一瞬にして壊すことも、結びつけることもあるようです……。 *本書は、ハーレクイン・クラシックスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 嘘と嘘の間
    -
    ハンサムで裕福な実業家の夫レオ、かわいい息子と娘――ブルックは絵に描いたような幸せな生活を送っていた。だが偶然、義父母の衝撃的な会話を耳にしたことで、その平穏な生活は一変した。レオの兄は、かつて弟と婚約していたフランチェスカを奪い取って結婚したという。信じられない!私のレオはずっと義姉を愛していたの?兄が亡くなった今、二人を隔てるものはなにもない。レオを問いつめる?それとも、なにも知らないふりをする?かわいい子供たちも、愛する夫も絶対に失いたくないけれど、このことを心の中にしまっておくなんて耐えられない!
  • 誘惑は突然に
    -
    幼なじみのラクランがペリカン島に戻ってきて以来、フィオナは落ち着かない日々を送っていた。はるか昔にこの島を出ていった彼を、やっと忘れかけていたのに……。再びラクランを追い出すため、彫刻家である彼女は、彼の経営するホテルの前の砂浜に漂流物を集めた巨大な作品を作った。ラクランは激怒したが、ついにフィオナの頑固さに負けて言った。君の彫りたいものをなんでも提供するから、その作品を撤去しろ、と。フィオナはあえて彼が受け入れられるはずのないことを口にした。「それなら、あなたを彫りたいわ。裸のあなたを」■「楽園の秘密」で顔を見せていたマギリヴレイ家の人々。本作品では、ラクラン・マギリヴレイがヒーローとして登場します。カリブ海に浮かぶ島で展開する熱いロマンスをお見逃しなく!

    試し読み

    フォロー
  • オフィスのシンデレラ
    4.0
    秘書のミーガンには最近、気になっていることがある。ボスであるダン宛に何通も、謎めいたラブレターが届くのだ。ダンはハンサムな独身貴族。言い寄ってくる女性も多いだろうが、困りきったダンの様子を見るかぎり何か事情がありそうだ。意を決し尋ねたところ、ダンは手紙の主に長年つきまとわれていて、家族同士が親しいため今週末も顔を合わさねばならないという。誰か恋人を連れて帰ってはどうでしょう――そう提案すると、ダンは地味で冴えない秘書の全身を思案顔で眺めた。そして、おもむろに頷いた。「君が恋人のふりをしてくれないか」

    試し読み

    フォロー
  • 指輪のゆくえ
    4.0
    看護師のチャリティは旅行中、急病で倒れた男性を助けた。そのとき一緒に介抱した外国人医師はどこか惹かれる男性で、チャリティはのちのちまで彼のことを忘れられなかった。とはいえ、名前も知らない外国人男性とまた会えるはずもない。あきらめていたチャリティだったが、ある任務で派遣されたオランダの病院で思いがけずその男性――医師のエフェラルド・ファン・テイレンと再会した。しかし、彼の態度はひどく無愛想で、そっけない。もう一度会いたいと願っていたのは私だけだったんだわ。チャリティの喜びは急速にしぼんでいった。
  • せつないプレゼント
    -
    唯一の肉親である祖父が心臓発作を起こしたという知らせを受け、メアリー・ジェーンはすぐに祖父のもとへ駆けつけた。祖父は彼女を待ち構えていて、オランダから呼び寄せたという男性、ファビアン・ファン・デル・ブロクを紹介して言った。「私が死んだら、ファビアンがおまえの後見人を務めてくれる」メアリー・ジェーンは驚きのあまり息をのんだ。私はもう二十二歳よ。なぜ後見人が必要なの?ファビアンは、見た目は満点の男性だけれど、ひどく傲慢で、まるでばかにしたように私を見ている。そんな男性が私生活に干渉してくるのは耐えられないわ!
  • せつない秋
    3.5
    専属看護師として雇われた老男爵夫人の屋敷へ向かう途中、サファーの車はエンストを起こしてしまった。通りがかりの男性に助けられたものの、彼の言動は傲慢で腹立たしく、怒りを抑えてお礼を言うのが精いっぱいだった。ようやく屋敷に到着し、温かく迎えられたサファーは、心配していた男爵夫人に道中の出来事を語り始めた。再び怒りがこみあげてくるのを感じ、彼女は思わず声をあげた。「彼はまるで悪魔の王様のようでしたわ!」そう言い放ったとき、まさにその人物が現れた。驚いたことに、彼は雇い主の子息ファン・ドイレン男爵だったのだ。■古きよき時代の心温まるロマンスを描いて根強い人気のB・ニールズ。けなげで一生懸命なヒロインが、年上の謎めいた男性に翻弄される姿がいつも切なく胸に迫ります。秋のハイランド地方を舞台にした、看護師と男爵のシンデレラ・ストーリーです。
  • 幸せへの航海
    -
    忙しい日々を送る看護婦のラヴデイは、ある晩、親友のリマダから相談を持ちかけられた。恋人との結婚を後見人である従兄アダムが認めてくれないので、なんとか彼の裏をかく手段を考えてほしいという。気が進まずに言葉を濁していたラヴデイだったが、翌日、偶然アダムと顔を合わせて考えが変わった。彼は自己紹介のあとで、突然ラヴデイにキスをしたかと思うと、続けて彼女のことを“お節介な出しゃばり”と非難したのだ。こうなったら絶対リマダの願いを叶えてあげよう。ラヴデイは胸に怒りの炎を燃え上がらせて誓った。
  • 蝶に魅せられて
    -
    伯爵家の後継者であるニコライは、祖父に頼まれて叔母のようすを見にやってきた。応対に出てきたのは、みすぼらしい身なりの反抗的な娘、リーザだった。リーザは、銀行勤めで債券売買を担当していると素姓を説明するが、ニコライは、彼女が叔母の財産を狙っているのではと疑いを持つ。ところが偶然顔を出した晩餐会で再会し、ニコライは、先日とは打って変わった装いのリーザに目を奪われた。大きく開いた彼女の背中には、美しい蝶の入れ墨が描かれている。それを見たとたん、彼は切実な思いにさいなまれた。リーザをどうしても手に入れたい。
  • 妻という名の契約
    -
    なんという偽善者!スティーヴンの葬儀にぬけぬけと現れたガイを見て、フランチェスカは激しい怒りを覚えた。スティーヴンの兄であるにもかかわらず、重い病に倒れた弟を見舞いにさえ来なかった男。3年間、スティーヴンと暮らしてきたフランチェスカは、ガイの冷たい仕打ちを決して許すまいと心に誓っていた。だが、スティーヴンの遺言はそんな彼女の決心を打ち砕いた。信じられないことに、彼はガイにこう頼んでいたのだ。“フランチェスカと結婚し、一生彼女を守ってやってほしい”と。
  • 幸せをさがして
    3.5
    ★彼に雇われている身分であることをつい忘れてしまいそうになった。★「やっと自由になったのよ」ベッキーは自分に言い聞かせた。意地の悪い継母のもとを飛び出し、理不尽に束縛された生活に終止符を打ったのだ。だが、これから仕事と住む場所をさがさなくてはならない。雨の中で途方にくれていたとき、ロールスロイスに乗ったオランダ人男性ティーレが声をかけてきた。ベッキーが看護婦の資格を持っていると知るや、彼は仕事を依頼した。怪我をしている自分の母親に付き添い、一緒に旅行先のノルウェーまで行ってほしいという。突然の信じられない申し出に、ベッキーはただ困惑するだけだった。
  • 仮面の花嫁
    4.0
    セバスチャン・フィオルキスと結婚しろですって?アリージアは冷酷な祖父の言葉に、耳を疑った。私の父はフィオルキス一族のせいで亡くなったというのに、その跡取りの男性の妻になるなんて、とんでもない話だ。億万長者のセバスチャンと結婚しさえすれば、病気の母に手術を受けさせることができるのは確かだが……。葛藤の末、アリージアは覚悟を決めた。これは完全な政略結婚よ。夫婦になるといっても、名前だけのこと。しかし、二人の結婚が実現すると、セバスチャンは言った。「君は僕のものだ。そのすばらしい体の隅々まで」★2003年に日本語版デビューし、ハーレクイン・イマージュで活躍中のサラ・モーガン。今月はギリシア人男性をヒーローに据えた結婚物語をお届けします。★
  • 禁じられた約束
    3.0
    もう二度とナニー養育係の仕事はしない。あるつらい出来事から、ジャッキーはそう決心していた。ところが知り合いの巧みな言葉にのせられて、小さな女の子を田舎の家まで送り届けるはめになる。そのうえ目指す屋敷に着いてみると、無愛想な男性にすぐさま追い払われてしまった。彼はいったいだれ? なぜこんな横柄な態度をとるの?怒りを覚える一方、ジャッキーは興味を引かれてもいた。魅力的な容姿には似合わない、かたくなで冷ややかな表情。あの男性も私と同じ、傷ついた心をかかえているのかもしれない。★ロマンス小説界の最高峰RITA賞をはじめ、数多くの賞を受賞してきたリズ・フィールディングの最新作をお届けします。巧みな話運び、せつない心情描写、孤独な人物像と、読みどころは盛りだくさん。リズならではの胸に迫るロマンスをお楽しみください。★
  • 君は僕を愛してる
    3.5
    建築家のギャヴィンにとって、顧客のセーラは特別な存在だった。いつか彼女も、ギャヴィンこそ運命の人だと気づくと信じていた。ところがセーラは、経済的な事情で家を手放すと言い出した。僕が彼女の――未来の花嫁のために設計した家だというのに!最善の解決方法はこうだ。僕がルームメイトになって家賃を払う。ともに暮らして自分に目を向けさせたら、そっと愛を告げるのだ。一方のセーラは、ギャヴィンの申し出に動揺を隠せなかった。同居なんてしたら、私のひそかな願望を見抜かれてしまうわ!彼ほどすてきな人に、私が相手にされるはずはないのに……。
  • キスより深く 男爵家のスキャンダル III
    -
    同僚の女性たちが新任の顧問医師に熱を上げるのを、ヴィッキーは冷ややかな目で見ていた。ジェイク・ルイスは確かに魅力的な男性だ。端整な顔立ちで、どことなく不良っぽい雰囲気を漂わせている。だが、ヴィッキーには同僚に恋している暇などなかった。男爵の娘という肩書きは華々しく、人目を引くけれど、彼女にとっては医師として高い評価を得るのが最優先だった。それでもジェイクの素顔を知っていくうちに、ヴィッキーは彼に惹かれる気持ちを抑えきれなくなった。ジェイクは、固く閉ざされた彼女の心の扉を開けつつあった。★医師三兄妹を主人公にした〈男爵家のスキャンダル〉も最終話を迎えます。兄たちに愛されつつ、医師の道を歩む末っ子ヴィッキーの身の上に喜びと苦しみが降りかかります。★
  • 秘書のためらい
    -
    クリッシーは社長秘書。老齢の社長を心から敬愛していた。だから社長が病に倒れ、危険な状態で病院に運びこまれたとき、弁護士同伴でやってきた財産のことしか頭にない後妻を断固病室に通すまいとして激しく言い争うことになったのだ。一触即発の場面、クリッシーを救うように突如一人の男性が現れた。いったい誰?近づいてくる男性を彼女は呆然と見つめた。社長の孫息子のネイト・バレット?いいえ、そんなわけないわ。ネイトは親代わりの祖父を見捨てて外国へ行ったきりのはずだもの。「僕に会えなくて寂しかったかい、スイートハート?」男性はいきなりクリッシーを抱き寄せ、唇を重ねて甘いキスをした。★ジェニー・アダムズ、待望の新作です。新しい社長と秘書のあいだに張りつめる熱くて甘い~愛の磁力~をどうぞたっぷりとお楽しみください。★
  • 夏の天使の贈り物 ドクターと見る夢 II
    3.0
    勤め先の病院に、ルカ・ロマノが戻ってくる――。看護師のリラはそのニュースに困惑した。別居中の夫が、再び医師として、職場の同僚になるというのだ。ルカは七年前、リラの流産をきっかけに彼女のもとを去った。以来、彼はまったく連絡をよこさなかった。ルカのことは乗り越えた、私は自分の人生を生きていく。リラはそう心に決め、彼に離婚届を送りつけたところだった。なのに、ルカは戻ってきた。年月を経てさらに魅力的な男となって。しかもその手には、まだ結婚指輪がはめられている!彼は二人の仲を終わらせたいと思っているはずなのに。なぜ?■11月に続き、医療現場を舞台にした三部作〈ドクターと見る夢〉の二作目をお届けします。真夏に迎える素晴らしいオーストラリアのクリスマスと共にお楽しみください。
  • チョコレート・プリンセス 愛を貫くプリンス I
    -
    夜もふけたころ、マリサは橋の上で途方にくれていた。自分がだれかもわからず、行くあてもない。倒れたときに頭を打ち、記憶を失ってしまったらしい。そこへ現れた見知らぬ男性がしつこく彼女に事情を尋ね、いくら拒んでも、ほうってはおけないと言い張って立ち去らない。男らしい魅力と存在感に満ちた彼に圧倒され、ついに根負けしたマリサは彼の家に行くことにした。ところが連れていかれたのは壮麗な宮殿……ここが彼の家?「あなたはプリンスなの?」呆然として尋ねるマリサに、モンテネヴァダ王家のプリンス・ニコは瞳をきらめかせてほほえんだ。★ヨーロッパの小国カルネシアの王子たちが愛を貫く姿を描く三部作。次回は第三王子ミケイルの物語をお届けします。どうぞお楽しみに。★
  • 眠るダイヤモンド
    -
    妻が浮気をしたと決めつけて家を飛び出した夫――幸せだった二人の結婚生活はあっけなく崩壊した。この二年間、ピアズとケリーは連絡すら取っていない。そんな折、ピアズの父親が急死し、彼らは期せずして顔を合わせることになった。夫ピアズの勝手な行動にいまだに怒りを覚える一方、ケリーは彼に会うことをひどく恐れていた。ピアズはまだ見ぬ娘の存在を知り、どんな反応を示すだろう、と。しかし、ついにピアズに再会したときケリーが感じたのは、怒りでも恐れでもなく、一人の男性に対する胸の高鳴りだった。
  • クラシック・ラブ ベティ・ニールズ選集 10

    Posted by ブクログ

    最近読んだベティ作品の中では一番良かった!
    久しぶりに看護師ではないヒロインで、二人の叔母の世話をするペーシェンスの健気さが可愛らしい。
    ヒーロー:ユリウスも、早い段階からペーシェンスのことばかり考えてしまう様が書かれていて良い。

    0
    2016年09月04日
  • 小さな愛の願い【ハーレクイン・イマージュ版】 ベティ・ニールズ選集 4

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    器量良しではないけれど、明るい性格で頑張り屋のヒロイン:ヘンリエッタ。医師として忙しい毎日を過ごすも穏やかな性格のヒーロー:アダム。
    二人が段々と惹かれていくのに、お互いに気持ちを抑える様が、すごくいじらしい。でもそこが良かった…!

    幸せになってほしいと思えるヒロイン。登場人物みんな、二人を応援していて優しい世界。
    犬(ワトソン)も可愛い…。

    0
    2015年12月15日
  • 仮面の花嫁

    Ikm

    サラの作品の中で一番好きな作品

    幸薄なヒロインはギリシャ人とイギリス人ハーフ。
    悪徳ギリシャ人実業家のヒロイン祖父。
    傲慢な実業家ヒーローとヒーロー家のお話。

    ヒロインは祖父の所へ母の手術費援助のお願いにやってきます。意地悪い祖父はヒロインに交換条件を突きつけます。援助の代わりにヒーローとの政略結婚。
    ヒロイン祖父は因縁深いヒーロー家に対し、ヒロインを使って復讐を考えています。
    ヒロインは過去を隠す為頭の軽い女を演じ嫁ぎます。

    政略結婚とは言え引かれ合う二人。ヒーローはだんだん正義のヒーローになって行きます。

    復讐の内容、過去の事件、現在の祖父の事業等色々混ざり、最後お約束ハッピーエンドになったとき

    0
    2014年10月07日
  • 素直になれない二人 ベティ・ニールズ選集 25【ハーレクイン・イマージュ版】

    Posted by ブクログ

    ナースじゃないけどほぼいつものベティ
    でも、ヒーローがちゃんとヒロインを好きなのが分かる良いベティ♪

    0
    2019年05月06日
  • 指輪のゆくえ ベティ・ニールズ選集 24

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    ☆4.5
    ヒロインが美人で中流階級ということ以外はいつものベティ
    どう見てもメロメロなヒーローが楽しかったのに
    最後の最後まで恋を自覚してなかったとラストに判明してびっくり!
    でも、ウキウキしてたり嫉妬してたりするヒーローが楽しかったからOK

    0
    2019年03月04日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!