デイビッド・エプスタインの一覧

「デイビッド・エプスタイン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/27更新

ユーザーレビュー

  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    洋書によくある冗長さと学術的な文体で、少し読みずらいところがあるが、とても学びが多い本でした。
    専門特化がもてはやされる今の時代に一石を投じる本で、幅広い知識や経験がもたらすものについて書かれている。

    特に印象に残ったのは幅広い知識、経験によって、
    ・不確実性に対応する力が高まる
    →異なる領域の構...続きを読む
  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    永続的な知識を得るためには、ゆっくりと学習するのが最善だということだ。
    → 最も効果的な学習は非効率に見え、遅れを取っているように見える。

    行き過ぎた専門特化は、各部門が最も合理的な行動を取っていたとしても、全体としては悲劇に繋がる恐れがある。

    専門特化の傾向が進むにつれて、「平行溝のシステム」...続きを読む
  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    早期からの専門特化が良いと言われる事が多いが、環境やルールが複雑化しているほど、知識の『幅(range)』が大切となる。
    特定の分野だけを学ぶのでなく、様々な分野の本や場所から学ぶべきだと考えが変わった。
  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    一見非効率に見えることが後に大きな結果につながる。

    幅(レンジ)を広げることで、本書で重要な概念「アナロジー思考」が使える。

    自分にとっての最適解、つまり「マッチクオリティ」を見つけることが大事。見つけるためには、早期の専門特化を先送りに!(早期教育には落とし穴がある)

    ダーウィンのように自分...続きを読む
  • RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる
    この本は、読書家としても有名なビルゲイツ氏の「お勧め本!」になっていたので読んでみましたが、めちゃくちゃいい本でした❕
     
    何かを極めるためには、小さいときから、ひとつのことだけに打ち込むことが大切だと思っていました。
     が、この本には、一分野に専門特化するのはよくないよ!と書かれています。

    ゴル...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!