夏苅郁子の一覧

「夏苅郁子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/06/11更新

ユーザーレビュー

  • 人は、人を浴びて人になる―心の病にかかった精神科医の、人生をつないでくれた12の出会い
    普段あまり本を読まない私が、感想を書きたくなるほど心に響いた。誰よりもなによりも優しい、心の病に苦しんだ1人の女性の自伝的エッセイ。

    反芻したくなるほどの素敵なタイトルと、少し薄みのある黄色の表紙。さらにはその中に水彩で描かれた2人の女性、緑の葉、青と紫色の鳥たちに何とも言えない暖かさを感じるのは...続きを読む
  • 人は、人を浴びて人になる―心の病にかかった精神科医の、人生をつないでくれた12の出会い
    いい表題の本である。人は人によって潰されるが、人は人を浴びて人になる。人というのは言葉だけではなく、その存在も含めてだが。患者さんを癒やすのは、薬だけではなく、治療者の言葉だけではなく、その存在感だろうが、著者は治療者に救われたのではなく、自ら、自分を支えてくれる人を見つけていった。その力がある人か...続きを読む
  • 人は、人を浴びて人になる―心の病にかかった精神科医の、人生をつないでくれた12の出会い
    優しい色で語られる、でも決して楽な道ではない、ひとりの精神科医の人生が、ここにはありました。私が、心から尊敬する方のおひとりとなりました。
  • 人は、人を浴びて人になる―心の病にかかった精神科医の、人生をつないでくれた12の出会い
    「家族」「当事者」「精神科医」の三つの立場をもつ女性の自伝的エッセイ。

    こんなに率直に語っていただいていいのだろうか、と感じるくらい身近に感じるエピソードの数々でした。

    何歳の時にどんな出来事があり、それをどんな風に受け取ったのか。回復にはどんなことが力になったのか。

    精神疾患に限らず、しんど...続きを読む
  • 人は、人を浴びて人になる―心の病にかかった精神科医の、人生をつないでくれた12の出会い
    統合失調症の母に育てられ過酷な幼少期を過ごした筆者は、様々な人との「出会い」を通して少しずつ社会復帰へと向かっていった。その実話をまとめたものがこの本である。
    たいへん興味深く、また参考になる部分も少なからずあった。特に筆者が社会復帰へと向かっていく際の周りからのサポートに関しては多くの学...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!