一ノ瀬泰造の一覧

「一ノ瀬泰造」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/08更新

ユーザーレビュー

  • 地雷を踏んだらサヨウナラ
    エッセイというのか分からないけれど。

    ひょうひょうとしているのに、楽しそうなのに、どこか読んでいて悲しい。
    親御さんの気持ちが分かるからだろうか。当人の押さえきれない夢を感じるからだろうか。

    その後のカンボジアを思うと、何を目指して戦っていたのか、とまた悲しくなる。
    ポル・ポトを考えると、先生は...続きを読む
  • 地雷を踏んだらサヨウナラ
    日記と書簡中心で、いろんな人に同じエピソードを書いておりダブりがあるものの、文章が軽妙かつ臨場感があるのであまり気にならず。母親からの書簡は泣かせますね。結局、ロンノル政権軍とクメールルージュの最前線であるシェムレアプから、クメールルージュ支配下のアンコールワットに入ろうとして、処刑されてしまったら...続きを読む
  • 地雷を踏んだらサヨウナラ
    戦地でも、その土地全部が戦争しててどこもかしこも危ないわけではない。戦争中であっても、そこに住んで生活する人たちがいる。子供は遊ぶし、料理屋も営業する。当たり前なんだろうけど、そのことに気づかされた。いつ、死んでもおかしくない生と死が隣り合わせの中で、写真を撮る。いつ地雷を踏むやも知れない。さっきま...続きを読む
  • 地雷を踏んだらサヨウナラ
    だいぶ昔に読んだ本。
    これがアンコール・ワットへの旅のきっかけ、原点。

    今回旅立つ際に再読したので、登録。
  • 地雷を踏んだらサヨウナラ
    前に後輩の宮嶋茂樹さんがあるテレビ番組で彼と同じシチュエーションで同じ場所を撮影していたものを見て、読んでみようと思いました。26歳で戦場に散った男の魂の軌跡です。

    僕の記憶が定かではないので、なんともいえませんが、確かこれを大学時代に読んだような気がして、今回、これを紹介するというのと、後輩であ...続きを読む