日端康雄の一覧

「日端康雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 都市計画の世界史
    四大河川流域の都市から始めているところがよい。
    四大文明を都市との関係で捉えると,1000年,2000年単位で物が考えられるようになる。

    アメリカのような新興国とは違い,
    印度,中国は何千年の歴史がある。

    印度,中国から学ぶことは多いはず。
    水が大きな意味を持っていることがわかる。
  • 都市計画の世界史
    間違いなく良書。素敵な本です。
    都市計画理論の大御所日端康雄さんが書かれた本。日笠先生の弟子らしいです。
    世界都市計画史ならこの一冊だけで十分。教科書にしてもいいくらいのボリュームですし、内容もすごく分かりやすく解説されています。本当にうまくまとまってると思います。
    ところどころ抜けているところもあ...続きを読む
  • 都市計画の世界史
    厳密に言えば、地理学とか建築学寄りの内容なのだろうけれども・・・

    西洋古代の都市計画という項目に主に注目して購入した本であったのだが、中世・近現代についても興味深いことばかりであった。また、「世界史」というと受験科目の感覚で日本史以外のイメージがあるが、ちゃんと日本の都市計画の歴史についてもしっか...続きを読む
  • 都市計画の世界史
    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    この本を読みながらぼんやりと感じていたのが「シムシティ」は都市計画を行う事がゲームの一部となっているのだなと気がついた。
    世界各地の都市を題材に都市がどのように変化したのかが書かれ、近代、現代になってからは実際に計画都市や都市計画の制度や実例を提示しつつ、そ...続きを読む
  • 都市計画の世界史
    都市計画関係の歴史をまとめた本を探していたところ、本書と出会った。

    紀元前〜近代都市まで、各時代の出来事と共にまとめられいるため、とても分かりやすい。
    現代の都市がいかに過去の都市計画のノウハウの蓄積で出来ているか実感させられた。