「長谷部葉子」おすすめ作品一覧

「長谷部葉子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/14更新

ユーザーレビュー

  • 「自分」をカタチにする授業
    6時限の講義形式で構成している。1限目「対話する」2限目「受信する」3限目「発信する」4限目「準備する」5限目「更に発信する」6限目「協働する」。
    常に変わらないメッセージ。自分は何がしたいのか。相手がいて私との間に「カタチ」が生まれる。
    悩みの正体は「存在するのか」。
    教え子のあとがきに書かれたメ...続きを読む
  • 「自分」をカタチにする授業
    [購入] 長谷部先生のエッセンス【入門編】が詰まった本書。コミュニケーションから自分のやりたいことが「カタチ」になっていくこと、関わった相手の中に自分を残すこと...

    ゼミ生としては普段の先生のお話を凝縮した本という印象だが、初めて先生の価値観や世界観のようなものに触れる学生・社会人にとっては衝撃...続きを読む
  • 「自分」をカタチにする授業
    ・自分のために生き、自分をより満たすことが、やがて他人を満たすことにつながる
    ・「こころ」(神髄の部分)と「きもち」(一過性)のズレから来るストレス、これが大人の「疲れた」の正体
    ・「えーと」とか「あの」などは、「相手を置いてきぼりにする言葉」
    ・肝心なのは「場」を「共有」すること
  • 今、ここを真剣に生きていますか? やりたいことを見つけたいあなたへ
    Life is short and time is swift
    やりたいことを見つけるために、やりたくないことを紙に書き出してみる。
    そのために様々なことを経験し今の自分にできることとできないことを見つけ出す。
    限りある人生でこれだけは手に入れたいと思うものがやりたいこと。見つけよう
  • 今、ここを真剣に生きていますか? やりたいことを見つけたいあなたへ
    中表紙のビッグママ然(笑)とした写真に惹かれて購入w
    タイトルの「今、ここ」は禅にも通ずる言葉で更に興味を引いた。
    以下私見を含むメモ(著者の意図とは違うこと、或いは書いてすらいないことも書いているかもしれないがご愛嬌)

    第一章:迷いから抜け出す
    ・迷っているとき、スランプに陥っているときは美味し...続きを読む