萩原慎一郎の一覧

「萩原慎一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/15更新

ユーザーレビュー

  • 歌集 滑走路
    32歳にして亡くなってしまった若き歌人の初にして遺稿となった歌集。非正規雇用である自身の悶々とした日常を歌いながらも、口語による短歌がとてもいきいきとしている。

    もう少し待ってみようか曇天が過ぎ去ってゆく時を信じて
    おそらくはコンビニエンスストアにも前身ありて今の形に
    消しゴムが丸くなるごと苦労し...続きを読む
  • 歌集 滑走路
    俵万智以来の口語短歌。
    俵万智とは違い、ときに悲鳴のような、ときに祈りのような、痛切な思いを感じる。
    バブルで浮き足立っていた頃と、経済的に先が見えない今の違いなのかと思ったけど、それだけではない事があとがきで分かって、やり切れなくなる。
    彼の純粋な感性と才能を潰してしまったかつての野球部員たちは、...続きを読む
  • 歌集 滑走路
    世の中はなかなか自分のペースで生きさせてはくれないよね。

    --------------------------
    “生きるのに僕には僕のペースあり飴玉舌に転がしながら”

    “パソコンの向こうにひとがいるんだとアイスクリーム食べて深呼吸”

    “理解者はひとりかふたり でも理解者がいたことはしあわせだっ...続きを読む
  • 歌集 滑走路
    久しぶりに歌集を読んだ。優しい青年の心の叫びが凝縮されている。日々の労働で溜まった感情を愚痴や毒として出さず、短歌に込めて発表できるのはすごいことだと思う。彼ほど自由に世界が見れて言葉を操ることができれば、労働なんてしなくていい世の中であってほしい。

    占いの結果以上にぼくたちが信じるべきは自分自身...続きを読む
  • 歌集 滑走路
    きみのため用意されたる滑走路きみは翼を手にすればいい
     萩原慎一郎

     昨年初夏、32歳で世を去った作者の遺歌集が版を重ねている。新聞やテレビ番組で話題となり、角川書店の総合誌「短歌」7月号でも特集が組まれた。20代、30代の心を揺さぶる、次のような歌がある。

     ぼくも非正規きみも非正規秋がきて牛...続きを読む