横山和輝の一覧

「横山和輝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 日本史で学ぶ経済学
    歴史の本なのか、経済の本なのか……いえ、ジャンルを分けることはナンセンス。過去から現代まで、お金は経済の血液であり続けてきましたし、現在の経済は、過去の積み重ねでもあります。

    歴史というと時系列に記述されるのが通常ですが、本書は、ジャンルごとに歴史を追っているので、興味のあるジャンルを読むだけでも...続きを読む
  • 日本史で学ぶ経済学
    日本史の多くの事象が、現在の経済でのブロックチェーンなどと共通点を述べているのが興味深い。

    特に、教育と経済との関係、女性教員の存在等、経済学から眺めると、面白く感じた。また、信長の楽市楽座も、移動する商人を定住させる目的であり、信長自身も座の保護をし、商人が定住後に今度は城下町を形作る政策に移行...続きを読む
  • 日本史で学ぶ経済学
    貨幣の一般的受容性=宋銭が流通した理由。

    荘園制の成立→朝廷のリストラ→荘園内の給田、免田の設置→分業化で多様性
    荘園領主と在地領主。のちに戦国大名。

    鎌倉幕府は中国銭を当初禁止、後に追認。
    びた一文の、びたは質の悪い私鋳銭のこと。

    江戸時代は金、銀、銅を使った。江戸は金貨、大阪京都は銀貨、小...続きを読む
  • 日本史で学ぶ経済学
    発想が面白い。
    ビットコインと和同開珎とか、
    プラットフォームと楽市楽座とか。

    ふわっと理解していた経済用語の確認にもなる。

    個人的には、享保の改革にまつわる
    「組織の取引コスト」の話が興味深かった。
  • 日本史で学ぶ経済学
    前半は面白かったけど、後半はつまらなかった。

    経済学という切り口でなく、日本史から社会の制度を学ぶ切り口の方がよかった気がする。
    経済学という切り口にしようとして、分かりづらい話になっている感じがした。