森雄二の一覧

「森雄二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/07更新

ユーザーレビュー

  • エヴェレストより高い山 登山をめぐる12の話
    ジョン・クラカワー『エヴェレストより高い山 登山をめぐる12の話』朝日文庫。

    ジョン・クラカワーのデビュー作の復刊。個性的なクライマーの様々な挑戦を描いた山岳エッセイ集。

    まるで自分が高山の難所に身を置いているのではないかと錯覚してしまう程の切れ味のある描写とウイットに富んだ文章。読んでいて手に...続きを読む
  • エヴェレストより高い山 登山をめぐる12の話
    『荒野へ』の著者ジョン・クラカワー氏による、山にまつわる12話のエッセー集。

    ボルダリングのパイオニアの話や、エベレストを超える山を発見(?)した話などなど、一口に山がテーマと言ってもエッセイの内容は様々で面白い。それにしても凍傷や高山病にかかりながら、頂点を目指す人々のモチベーションはどこから来...続きを読む
  • エヴェレストより高い山 登山をめぐる12の話
    本屋で見て、何となく購入。そういう直感で選んだ本は面白いことが多いが、本書もそうだった。
    ヒマラヤ、アルプス、マッキンリーといった高所から、ボルダリングに近いような岩山まで、登らずにはいられない登山家たちの一風変わった行動、精神、そして悲劇まで、山にまつわる様々なエピソードがバランスよく綴られている...続きを読む
  • エヴェレストより高い山 登山をめぐる12の話
    『空へ』「荒野へ』以前に、こんなエッセイを書いていたんだね。
    結構深刻に”ヤバい”状況でも、この人の独特のユーモアや軽さがあるから、面白く読めてしまうんだね。
  • エヴェレストより高い山 登山をめぐる12の話
    傑作「空へ」「荒野へ」のクラカワーによる山岳エッセイ。書かれたのは「空へ」よりも前で、新装版だそうだ。十二篇収められており、一篇が短いせいか、もうちょっと詳しく読ませて!と、もどかしい感じもするが、九編目の表題作以降はさすがの迫力。

    自分自身も含めて、クライマーたちを英雄視せず、突き放して書いてい...続きを読む