マイケル・フィンケルの一覧

「マイケル・フィンケル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/17更新

ユーザーレビュー

  • ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男
    クリストファー・ナイトという人間の人生。

    年は20歳だった。
    家族も、仕事も、新車も後にしてナイトは世捨て人になった。
    ひと張りのテントと、バックパックだけを持って。

    それから27年間、生活に必要なものは不法侵入と窃盗によって入手しながら、ナイトは生き抜いた。

    この生き方に対しての肯定否定に意...続きを読む
  • ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男
    【さよなら,世界】ある日ふと思い立ち,そこから27年の長きにわたって森の中で孤独に暮らしたクリストファー・ナイト。ある事件をきっかけとして逮捕された彼が語る,孤独を求めた理由と生活の様子とは......。著者は,自身も孤独を好む傾向にあると語るジャーナリストのマイケル・フィンケル。訳者は,英米文学の...続きを読む
  • ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男
    誰とも接触せずに、27年森に潜んでいた話。実話。
    食べ物やその他生活必需品は盗んでいたので、やはり人間は単独で存在するのは難しいのだと思う。
    でも、複雑な生活、人間関係、それを全て捨て去ってどこかへ行きたいと思ったことがない人なんていないだろうと思う。
    ただひたすら、穏やかに本を読み続けるなんて、理...続きを読む
  • ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男
    20歳で唐突に失踪し、その後の27年間を森で人知れず暮らしていた人物の伝記です。
    道具や食料を他人の別荘から盗み続け、捕まらずに伝説的な存在となっていた“隠者”。
    純粋な自給自足による生活ではないにしろ、27年間を社会から隔絶し会話も無い環境で生活した彼は、人間の肉体的・精神的な限界に挑戦したと言え...続きを読む
  • ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男
    アメリカ合衆国メイン州の森で27年間、誰とも会わず一人で暮らした男のお話し。

    彼が暮らしていた森の周辺は別荘地で、食料品や生活用品を調達するため不法侵入を繰り返していた。付近の住民からは森の隠者と呼ばれ半ば都市伝説化していたのだが、ついに地元の猟区管理官に捕らえられてしまう。

    冬は氷点下30℃近...続きを読む