「板倉雄一郎」おすすめ作品一覧

「板倉雄一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2013/02/15更新

値引きあり
社長失格
  • ブラウザ試し読み

社長復活
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由
    ハイパーネット板倉社長の壮絶な起業物語。
    このような生々しい失敗事例は中々表に出てこないので、貴重な1例としてとても興味深かった。

    ストーリーの中で、孫正義氏やビル・ゲイツ氏、若き日の夏野剛氏まで出てきて、「こことここが繋がっていたんだ!」という驚きもありながら、あっという間に読み切ってしまった。
  • 社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由
    資金繰りの重要性が学べる一冊。意思決定者であり、0→1を生み出す役割にあった社長が資金繰りに翻弄されて、hン来の役割を果たせず倒産まで追い込まれるまでの記述のリアルさを疑似体験できた。
  • 社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由
    並の小説より余程面白い。このベンチャー社長らしい傲岸不遜さこそ、冒険潭の主人公に相応しい。結末が判っていても、次々と起こるイベントの数々に踊らされる。特にビル・ゲイツとの会議(破滅の序章)、終盤の銀行の掌返し(リアル大和田常務)のくだりは抜群に面白い。
  • 社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由

    恐怖の経営本

    南場さんの著書 『不格好経営』内のヘッドハントで「この本を読んで、心が躍ったら来てくれ」という言葉が出てきたので興味が出て読んでみました。

    当時の板倉雄一郎氏の会社のスピード感がそのまま文章になっているようで、一瞬で引き込まれ、一晩と少しで読み終えました。

    スピード感に流されて、頭の整理が追いつ...続きを読む
  • 社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由
    これは、面白かった!
    南場さんの「不恰好経営」に紹介されていて、茂岩さんが参画する際の、こんな本読んでみてワクワクしたのなら来なよ、のシーンの本。
    90年代半ばのベンチャーブームとインターネットの走り、15年近くたった今だからこそ振り返られる、当時としてはもの凄いビジネスモデルだったんだろうな、と。...続きを読む

特集