名波優太の一覧

「名波優太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/01/14更新

ユーザーレビュー

  • 我思う、ゆえに我あり デカルトの「方法序説」より
    文庫で読むのを挫折して、マンガで読んでみる。やはり人に説明出来る理解度ではないなあ。マンガにしようとする試みは素直に凄いと思う。
  • ジョン・ロック~「統治二論」より~
    APUの出口治明学長の最新刊「還暦からの底力」の中に、必読の古典が紹介されている。ジョン・ロックの「統治二論」がその中の一冊である。U-NEXTから漫画で読んでみた。古典はハードだけれど、漫画であれば概略の理解に時間がかからない。
    民主主義の危機が叫ばれる今こそ、必読の一冊ですね。
  • 恋愛と贅沢と資本主義
    資本主義とはどのようなものであったか。
    漫画でとてもわかりやすく表現されていた。

    贅沢をする層がいるから、下の層は生活ができる。
    お金を主とすると悲しく感じる。
    だからお金ではなく、人生の本質を大事にする考えが生まれたのか。
  • ユダヤ人と経済生活(1)
    資本主義とユダヤ人の関係性について書かれていた本。

    ユダヤ人はみんな商人体質なのか、というほど商売に長けていて、金を設ける。

    周りのキリスト教の人たちがそんなユダヤ教の人たちを差別する様子は、現代社会でも似たような光景がある気がする。

    ユダヤ人がいる先の町が、発達するのはカッコ良すぎる。
  • 恋愛と贅沢と資本主義
    なんとなく購入。まんがだけでは、その本質に迫れないけれど、原著を読んでみようという気にさせる内容でした。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!