ジェリー・Z・ミュラーの一覧

「ジェリー・Z・ミュラー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?
    成果主義の名の下に成果の測定を求められることが、営利企業はもとより役所や学校・病院など非営利組織でも一般的になっている。しかし、測定するという行為は組織が本来やるべき業務を妨げ、意図せざる副作用をもたらしてしまうことがある。例えば、医師の成績を手術の成功率で測ると、難病の患者は手術してもらえなくなり...続きを読む
  • 測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?
    世界中の経営者、管理者の必読本にすべき名著。「測れるものは改竄できる」といった原理原則が、昨今の不祥事につながっていることをもっと危惧すべきだ。
  • 測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?
    ■測定執着というパワーワード
    この本は、世の中のあらゆる組織にはびこる実績評価のための「数値測定」がもたらす弊害について、実例を用いて詳細に分析、解説された本です。
    組織を管理する有能マネージャー(自称)は、部下の売り上げ数、部下が出した不具合の数、部下の残業時間、部下の技能熟練度を数値化したスキル...続きを読む
  • 測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?
    KPIの設定について議論すると、経営者の経営センスや部門運営者の運営センスが如実に表れるが、本書はその言語化が難しい「センスの善し悪し」を具体的事例を多数研究して「数値目標」という切り口から見事にあぶり出している。
    みんな一様に可視化、見える化、KPIと叫ぶが、現場感覚なくダッシュボードを眺めたり、...続きを読む
  • 測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?

    給料によるモチベーション

    測定に力を入れすぎる、見かけ上の目標達成を目指してしまうと、本質を見失い、損失がうまれるという内容。
    ビジネス以外の事例が豊富。

    測定可能な数値による外的動機付け(給料)は、内的動機付け(仕事内容からくるモチベーション)を損なわせる。そして、特に学校、病院といった非営利組織において、組織とし...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!