フレデリック・ラルーの一覧

「フレデリック・ラルー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2019/06/03更新

ユーザーレビュー

  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    ①衝動型→順応型への変化が組織の成果を激変させた。の次は達成型。次が多元で最後がティール。

    ②欠点を見るから、長所を生かすに変更。

    ③ミドルマネジメントの機能を現場に移譲することが大切。そのサポートのためにも地域コーチを入れる。チームで責任を取るという意識。

    助言プロセス

    その仕事がしたいか...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    読み応えのある本。達成型と言われる従来の大企業モデルはインターネットを通じて確かに限界に到達させられたのかもとは思う。働かされているのであれば人生は余りにも勿体ない。自然に働いている、自分らしく居させてくれる組織、等、進化的な考え方が一層のセルフマネジメントと相乗効果に繋がり、社会全体が本当に豊かに...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    マネジメントや組織論はドラッカー本だけで十分と決め込んで10数年経つが、本書でそれが終わった。
    典型的な順応型(アンバー)で、所管官庁から無理やり達成型(オレンジ)への転換を求められてる組織で働いてて、進化型(ティール)組織の3つの突破口(自主経営、全体性、存在目的)は、まさに日頃思ってる“あるある...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    現在の働き方や会社とのかかわり方が、昔からどのように変わってきたのか、それが現在どのような形になっているのか、そしてどこへ向かうのか。私たちの今の働き方や組織に限界がきていることについては良く知られているかと思います。それを克服するための新しい組織論やその実践の例も見ることができます。本書がそれらと...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    今のところ、ティール組織に対しての実例は「unbelievable」という驚嘆と抵抗感が入り混じった感想が強い。
    特にオランダのピュートゾルフのように、チームごとに独立した企業のように活動し、成果を上げることができるというのは今までの経験からすると信じられないものがあるが、性善説を基盤にする組織運営...続きを読む