「旗手啓介」おすすめ作品一覧

「旗手啓介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/26更新

ユーザーレビュー

  • 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実
    舞台は、1991年にパリ平和協定が締結されたカンボジア。日本は国際貢献という名のもとで、UNTACの一員として日本文民警察隊をカンボジアに派遣した。事前に志願者に治安情勢の説明はなく、停戦中のカンボジア国内、後に隊員が配置されることになる地区で紛争が起きていることなど、出国前の隊員たちは知る由もなか...続きを読む
  • 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実
    NHKにも立派な仕事をしている人々がいることを知った.関係者から聞きにくい話を聞き,資料を提供してもらい,現地にも足を運び,過去の扉をこじ開けた.TVを見なかったことが悔やまれます.でも文章に本にしてくださって読めて良かった.安倍内閣のきれいごとに惑わされないで,過去を現在に生かしていきたいです.政...続きを読む
  • 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実
    特殊な訓練を受けず、街のおまわりさんが文民警察としてカンボジアに派遣された。
    カンボジアも含め、PKOへの理解が圧倒的に低い日本。
    いつまでそのままでいるのか。
  • 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実
    1993年、日本が初めて国連のPKOに人員を派遣したカンボジアで文民警察官の高田氏が殉職されるという悲劇を覚えておられる方は少ないのではないでしょうか。
    政府は自衛隊を初めて国外に派遣することになったこの機会に万が一戦闘に巻き込まれる様な事態を恐れていました。自衛隊が配置されたのは治安も良い地域に全...続きを読む
  • 告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実
    どうにも救いのない話… 国内政治や外交において、語られれ国際貢献と現場の落差。完璧に安全であることはあり得ないにしても、あまりにも体制が整っていない中に大した装備もなく投入されてしまう。官僚組織同士の妥協の中で一番犠牲になってしまったのは、未経験ゆえなのだろうか。日本政府の手には負えないものではなか...続きを読む

特集