「中下大樹」おすすめ作品一覧

「中下大樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/06更新

ユーザーレビュー

  • 悲しむ力 2000人の死を見た僧侶が伝える30の言葉
    人間の心の推移をしっかり見つめて、お話を聴いて行くことが必要ということが理解できる。時には親鸞聖人やマザー・テレサの言葉などを引用しつつ、しかしあまり宗教色は感じられず読むことができる。筆者自身の経験があまり美化せずに現実に即して書かれていることに好感が持てた。
  • 悲しむ力 2000人の死を見た僧侶が伝える30の言葉
    チェック項目32箇所。お釈迦様の悩み・・・人間として生まれてきた苦しみ。仏教では「悲しみ」の心を大切にしている・・・慈悲・・・悲しみから慈しみが生まれる。悲しみから目をそらさずに受け止めることができた方ほど穏やかな気持ちになれる。生まれてこなければ良かった・・・愛されたい、必要とされたい。思い通りに...続きを読む
  • 悲しむ力 2000人の死を見た僧侶が伝える30の言葉
    子供の時、感受性の強かった僕はそれを素直に受け止めることが出来なくて、できるだけ能面を装うようにしていたように記憶する。でも、心はいつもヒリヒリしていた。大人になってからもそんな一面は残っていて、感情を制御するためにいろいろなものを切り捨ててきたような気がする。

    切り捨ててきたものとはなんであった...続きを読む
  • 悲しむ力 2000人の死を見た僧侶が伝える30の言葉
    悲しいんでいる人を前に、人は「早く元気になって」「頑張って」
    と声をかけがちだ。
    この本は、「はやく悲しさから抜け出し、元気になれ」と
    強要される風潮からの違和感から出発し、
    「悲しいとき、まっすぐ悲しさを受け止める」ことの重要さを
    説いている。このテーマは非常にすばらしい。
    また著者が触れ合った人...続きを読む
  • 死ぬ時に後悔しないために今日から大切にしたいこと
    生からではなく死から生き方を見つめ直す。孤独死や孤立死はその人が招いた結果ではあるが、現代の死生観や人間付き合いのやり方が招いた結果でもある。
    ゆるやかな結び付きは今の人間付き合いのやり方に一石を投じる素晴らしいグレーなアンサーである。