「藤原美子」おすすめ作品一覧

「藤原美子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 夫の悪夢
    痛快。ダンナさまに負けず劣らぬ文才。他人から見ればほのぼのとした(失礼)楽しい家族生活が垣間見れたような作品。面白かった。
  • 夫の悪夢
    ベストセラ「国家の品格」の著者、数学者の藤原正彦・・・の妻の本。

    藤原正彦の話には何度も登場する気骨ある妻。

    その妻が書いたエッセイは・・・

    とにかく、面白い!
    笑える。

    おバカで笑えるんではなくて、その滑稽の表現の仕方に、ついつい笑みを漏らしてしまう!

    夫をけなしている(?)かと思いつつ...続きを読む
  • 夫の悪夢
    小学生時代に読んで大変感動した、“流れる星は生きている”の藤原ていさんに始まり、“国家の品格”の藤原正彦さん、そして最後に奥さんの藤原美子さんと続けて作品を読むと、ああ、こういう家庭だからこのような楽しい話が尽きないのだなと改めて納得できますね。
  • 夫の悪夢
    『国家の品格』や『若き数学者のアメリカ』、『名著講義』などで、
    日本人の品性などを熱く語った著作を出されている藤原正彦さんの、奥様のエッセイ集。

    旦那さんが、熱く駆り立て、時に激しく吹き抜ける真夏のモンスーンであるならば、
    奥様は、同じ夏でも、高原を闊達に流れる一陣の風のような、なんて。

    それで...続きを読む
  • 夫の悪夢
    久しぶりにエッセイなるもの読みました。疲れた身体と心には、もってこいの一冊ではないかと思いました。『国家の品格』の著者である藤原正彦先生の奥さんが、夫を手玉に取り子育て奮戦記が嫌らしく無く好感の持てる作品になってます。