西山耕一郎の一覧

「西山耕一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/02/04更新

ユーザーレビュー

  • 誤嚥性肺炎で死にたくなければのど筋トレしなさい
     筋肉は使ってれば(動かしてれば)維持でき、鍛えれば強くなり、使わなければ弱くなる。ウォーキングしながら動かせる部位は意識して動かしています。顔面筋トレ、喉筋トレなども。西山耕一郎「誤嚥性肺炎で死にたくなければ のど筋トレしなさい」、2020.11発行。嚥下性肺炎で毎年4万人以上が亡くなってるそうで...続きを読む
  • むせる・せきこむをスッキリ改善! 誤嚥性肺炎にならない35の習慣
     肺炎での死亡は70代から急増とのこと、注意したいです。西山耕一郎「誤嚥性肺炎にならない35の習慣」、2021.2発行。①「のどトレ」を習慣に(こまめに): 嚥下おでこ体操(おでこと手で押し合う)、あご持ち上げ体操(あごとこぶしで上下に押し合う)、のどE体操(いぃ~と声を出す)など。 ②「呼吸筋トレ...続きを読む
  • 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
    若い頃から喉が弱く耳鼻咽喉科の常連だった私が、本書と出会い、記載されている喉のストレッチなどを毎日続けるようになりました。
    その結果、、、、と言いたいところですが、このストレッチは何年も続けなければ意味がありません。ただ、一週間ほど経ったころからなんとなく飲み込み時がスムーズに感じるようになってきた...続きを読む
  • 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
    大変わかりやすく書いてあります。
    解決方法もわりと簡単ですぐに実行できるものばかりで
    早速やってみています。
    結果は少し時間がかかるでしょうが
    やりやすいのでできそうです。(20200627再読)
  • 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
    高齢者の誤嚥性肺炎を予防するには喉を鍛えなさいという本です。
    軽いトレーニング(筋トレ、カラオケ、おしゃべりするなど)でも6週間続ければ嚥下の筋力がつくそうですから、私も同居の88歳の母と毎日やろうかしら?
    喉は男性は40代から衰えはじめるが、女性は60代まで大丈夫な人が多い。
    著者が推論するには、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!