斉藤和季の一覧

「斉藤和季」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/20更新

ユーザーレビュー

  • 植物はなぜ薬を作るのか
    「植物由来で身体に良い」その意味と、そこに潜む誤解

    こういう本を読むと植物も動物も同じ生き物なのだと痛感する

    たかだか40万年の歴史しかないホモ・サピエンスは、5億年かけて進化してきた陸上植物のことをまだごく一部しか知らないのだ!
  • 植物はなぜ薬を作るのか
    薬品や健康に良い成分は植物由来のものが多い。それらは植物がよりよく生きるために作ったもので、決して人のために作ったものではない。人はあくまで、地球の同居人の生産物を使っているに過ぎない。
    そう思えば、人々は自然にとても支えられていて、感謝の気持ちが湧いてきた。
  • 植物はなぜ薬を作るのか
    植物学、薬学の基礎解説本。ぎりぎり啓蒙書レベルであるが、高校生物学程度の知識が必要で、どちらかというと難易度は高い。

    現在、ほとんどの穀物が遺伝子組み換えになっている事実。遺伝子組み換えよりも気候による変化などの方が大きいこと。薬は植物由来が6割、化学由来が4割であること。抗がん剤、抗生物質などの...続きを読む
  • 植物はなぜ薬を作るのか
    〈本から〉
    アレロパシー
    コーヒーの木のカフェインのように、植物が特異的成分を放出して他の植物の生長(主に植物個体が伸び育つこと。それに対して「成長」は主に人や動物が育って大きくなること)を抑えたり、微生物や昆虫、動物から身を守ったり、あるいは引き寄せたりすることを「アレロパシー」あるいは「他感作用...続きを読む
  • 植物はなぜ薬を作るのか
    生命の定義
    ①自らの生存と成長の為に物質代謝、エネルギー代謝が出来ること。
    ②自己を複製して次世代に受け継ぐこと
    この2つの属性を有し、生命として成り立つために動かないことを選択した植物は独自の生存戦略を発達させた。それが結果的に多くの薬をもたらす事に繋がった。

    地球上で1番多いタンパク質はルビス...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!