「新川直司」おすすめ作品一覧

「新川直司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:新川直司(アラカワナオシ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

2007年辻村深月のミステリー小説『冷たい校舎の時は止まる』のコミカライズで連載デビュー。『さよならフットボール』、『四月は君の嘘』を手がける。この作品で講談社漫画賞少年部門受賞。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/17更新

ユーザーレビュー

  • さよなら私のクラマー 4巻

    熱いねぇ

    いいです、熱いです、スポ根とまではいかないものの気持ちが昂ぶる感じで楽しいです
  • さよなら私のクラマー 4巻
    浦和邦正のシステムは、コンテというよりミシャの方がなじみが深いんだよなぁ。両WBの可変システム。大攻勢の時のこわさ、終わりのない守備の時間。バルサのようなポゼッションを相手にした時の、真綿で首を絞められる時間もきついですが、可変システムの押し寄せてくる圧迫感もきついですよ。終わりのない時間はきつい。...続きを読む
  • 四月は君の嘘 11巻
    最後は反則ですよ。泣きます。絶対に泣く、と分かってて読みましたよ。

    辛い結末だけど、前を向いて前進しろ!っていう強いメッセージがあるお話だったので、爽やかに読み終えました。
    素敵なお話でした。
  • 四月は君の嘘 1巻
    【あらすじ】
    桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、...続きを読む
  • 四月は君の嘘 5巻
    【あらすじ】
    毎報音楽コンクール予選。本命と噂される相座武士(あいざ・たけし)は、成長した姿を見せつけるように繊細かつ力強い演奏をみせる。そして低迷を続けていた井川絵見(いがわ・えみ)は、公生に触発され聴衆大喝采の演奏を披露する。遂に回ってきた、有馬公生(ありま・こうせい)の演奏順。天才少年と呼ばれ...続きを読む

特集