「亀井よし子」おすすめ作品一覧

【亀井よし子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:亀井よし子(カメイヨシコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本

『インカントリー』で翻訳デビュー。『熱帯産の蝶に関する二、三の覚え書き』、『人類、月に立つ』自身も気に入っている代表作。

作品一覧

2016/09/26更新

ユーザーレビュー

  • カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 II
    もっと良い翻訳がつけば印象が変わるかと。亀井さんはベテランだけど、いまいち著者の感覚についていけてないというか。ブリジット・ジョーンズのときも思ったけど、英作品より米作品向き?なのかもしれない。原作は1冊ものだけど日本語にすると長すぎるせいか上下巻に分けたせいで上巻はコレといった展開のない作品でした...続きを読む
  • カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 II
    あれ?終わりなのかな?
    3、4と続きそうでもあり終わりっぽくもある。

    2からは急展開。
    街の住民それぞれの思惑が、事態を深く混乱させる。。

    人間模様が非常に面白い。

    イギリスではすでにドラマ化が決まっているそう。
  • ブリジット・ジョーンズの日記
    いつも何かに悩んでいて、禁煙もダイエットも続かない。仕事にも、自分の性格にも選択にも自信がない。既婚者や子育て中の母親たちへのコンプレックスと嫌悪感でいっぱい。自分が生産的な人間でないことへの罪悪感と、ちょっとした優越感であっという間にすぎていく毎日。
    そんなアラサーの未婚女性、めんどくさい!と、思...続きを読む
  • カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 I
    サスペンスが読みたくて、前々から気になってた本作を購入。
    ストーリーに引き込まれて一気読み。
    人物描写もだけど、イギリスを感じられて◎
    ティーンの心情をよく理解してるんだなーこの作家さん。
    普通とは逆で、ハリー・ポッターに興味がわいたのdwした。
  • カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 II
    読み終わったら、空が明るくなっていて
    窓から明け方の静かな景色を見ながら、作者が伝えたかった事はなんだったのか、それを、自分は受け取れただろうかと考えていました。作中人物たちの愚かさは、自分や周りの人々に共通するものがあり、人として生きていく哀しみが胸にしみた作品でした。