「クリスティン・カショア」おすすめ作品一覧

「クリスティン・カショア」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/11/30更新

ユーザーレビュー

  • 剣姫―グレイスリング―
    ファンタジーというだけでなく、若い読者(特に女性)の悩みや願望が強く反映された、自立・成長物語という印象が強かったです。
  • 剣姫―グレイスリング―
    “Graceling”翻訳本。まず訳本を手にして、原書第3作目のタイトル“Bitterblue”が、ポオの従妹の名前であることに気づきました。ということは、カーツァとポオの関係にも進展があるかも…ということで翻訳本では★が増えました。まあ、カーツァの苦悩もよく理解できましたし。第2作“Fire”のお...続きを読む
  • 剣姫―グレイスリング―
    最初の方は説明的で、カーツァも粗野な印象でイメージが湧きにくかったのですが、読み進めるにつれて自分の力や環境と対峙していく強い女性に成長していきひきつけられました。
    ポウ王子とのロマンスも殴り合いから始まるの!? と思いましたが、彼女らしい感じで(笑)
    王子優しくてかっこよすぎですよ///
    それにつ...続きを読む
  • 剣姫―グレイスリング―
    2013/03/26 購入。原題 Graceling、賜持ちという訳語はもう一歩だと思うが、こういう話はとても好き。
  • 剣姫―グレイスリング―
    ハッピーエンドなのだけどいまいち爽快感がないのが女性作家らしい。男性作家に比べて人間関係やメンタル的な部分を丁寧に描写していて、それが自分にとっては重い感じ。ただ、「空の都の神々は」よりはあっさり明るめ。