高橋裕の一覧

「高橋裕」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/04更新

ユーザーレビュー

  • 川と国土の危機  水害と社会
    河川工学の老教授が日本の河川に関する課題を論じた書。
    最初のうちは、きれい事を並べているだけかなと冷めた気持ちで読んでいたが、ダム建設全盛期の昭和30年代にタム建設反対の訴訟に原告推薦の鑑定人を引き受けたり、多摩川水害訴訟では、原告、被告双方から証人として推薦され、平成の今の時代でも通用する主張を堂...続きを読む
  • 川と国土の危機  水害と社会
    川や崖などの地形や水環境といった、自分が興味のあるテーマの本を続けて読む機会を得ました。最後に出会ったのがこの本でした。専門用語などが多く使われ、読みとばした部分も少なくありません。でも、今の日本にとって何が優先されるべきか、あらためてきづかされました。経済成長だけを声高に叫ぶ方々に是非読んでくださ...続きを読む
  • 川と国土の危機  水害と社会
    近代以降の短期的な要求にもとづく土地利用が、災害に対する危険度を増していったことが具体的に論じられている。『国土の変貌と水害』の入門編ともいえる一冊であり、大河津分水路についてのエピソードは特に興味をひかれた。ダムの嵩上げ、浚渫と下流への土砂運搬、操作目的の変更など、新たな提案もいくつかなされている...続きを読む
  • 川と国土の危機  水害と社会
    国土の変貌と水害、都市と水、地球の水が危ない、といったこれまでの岩波新書での著書のエッセンスがちりばめられている。(さっと読めるわりに)本質をつき続ける記述の勢いに陰りはない。それでいてまた、海岸堤防のことなど、まだまだ新たなテーマをも繰り出してくるのだから恐れ入る。

    河川に携わるなら、やはりまず...続きを読む
  • 川と国土の危機  水害と社会
    日本における治水、災害の歴史を辿り、現代社会にどう応用していくべきか、それを手助けする技術者としてどのようにあるべきか、を書いた本です。土木や河川、農林業にかかわる人は読んでおいて損はないでしょう。

    高橋裕先生はこの分野では本当に著名な方ですが、その著者が今まで行ってきたこととそこにある問題意識と...続きを読む