「ナサニエル・ポッパー」おすすめ作品一覧

「ナサニエル・ポッパー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/21更新

ユーザーレビュー

  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    ビットコインが登場した背景、歴史が本当によくわかった、通貨とは何か、から始まり、仮想通貨が描き出す未来を想像する事ができた。銀行員がいうのも変だけど既存の金融システムを壊しうる代替手段となりえるだけの力を持っている。銀行が本当に変革を望むのならば排除する選択肢ではなく共生する選択を選ぶべきではないか...続きを読む
  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    2009年から2014年までにビットコインに関わった人物のストーリー。暗号通貨に興味がある人は必読だと思います。
    本書を読んで、ビットコインは「通貨」というよりもむしろ「デジタルの金」であるという思いがさらに強くなりました。
    ギャビン・アンドリーセン氏やロジャー・バー氏、チャーリー・リー氏など、現在...続きを読む
  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    [架空の実金]ある者はインターネット以来の最大の発明と賞賛し,またある者はいかがわしいシステムとして懐疑の眼差しを送る貨幣通貨。その中でも代表的なビットコインとその初期の参画者に焦点を当て,ドキュメント風に貨幣通貨の実体化までを綴った作品です。著者は,ニューヨーク・タイムズ紙の記者として活躍するナサ...続きを読む
  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    ビットコイン誕生の裏側について、読み応えのあるルポ。通貨が人類が創り出した最大の発明であり、最大のフィクションであるというのは、そこに働いている力学の勢いの強さが物語っていて、暗号通貨についても渦巻いている力学の凄まじさをひしひしと感じますね。
  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    言われて初めて分かったが、ビットコインは初めは使い道がなく、買えるものもなかつたのだ。そこから、有象無双の人たちが集まって、使える通貨にしていった。初期の大口ユーザーが麻薬等を売るサイトであったことは、インターネットの軌跡と重なるものである。ビットコインの歴史が良く分かった。