屋代通子の一覧

「屋代通子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/05/27更新

ユーザーレビュー

  • ピダハン――「言語本能」を超える文化と世界観
    傑作だが何度も挫折した。冒険譚を期待していたので言語学の部分がミスマッチになっていたと思われる。とはいえ言語学の部分もめちゃくちゃ面白く、なぜ挫折するのか自分でも疑問だった。モチベーションの立て方を間違えなければすんなり読めただろうに。
  • 数の発明――私たちは数をつくり、数につくられた
    人類はいつごろから「数」を数え、「数字」を使い始めたのか。数を数え、操ることは私たちにとって当たり前のことで、それなしに日時用生活は送れない。いったい、なぜ?いつから?この本は「数と人類」の驚くべき出会いと、付き合いの長さ、奥深さを教えてくれる。
    読み易くとてもくだけた日本語訳で、この未知の領域の問...続きを読む
  • ピダハン――「言語本能」を超える文化と世界観
    30年以上にわたってピダハンの村に出入りした経験にもとづいている。ライフワークを一冊の本に凝縮しているわけで読み応えあり。単純にちょっとした冒険譚・異文化見聞録としてすでに面白い。それに、われわれとかなり隔たった文化・価値観を持ったピダハンの人々についての深い観察が加わる。

    もともと言語学者として...続きを読む
  • ピダハン――「言語本能」を超える文化と世界観
    まず、この本が生まれたことに感謝。
    日本語で読めることもありがたすぎる。
    自分がいかに小さな世界で枠にとらわれて生きているか気付かされる。
    より良く生きるとは、幸せとは…
    素晴らしい体験だった。
  • 数の発明――私たちは数をつくり、数につくられた
    タイトル通り、数を表現する言葉の成り立ちと、その人間の思考への影響を大いに語ってくれる一冊。動物が生得的に把握できる「きっちり数」は2(と、1+2=3)までで、「ざっくり数」となる4以上の数は言葉なしに判別できないとか、だから「双」「両」など2までを表す語はあっても3以上はほぼないとか4を「2+2」...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!