「國重惇史」おすすめ作品一覧

「國重惇史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 住友銀行秘史
    イトマン事件を当時住友銀行内で対応した、筆者のメモとコメントである。

    非常に緊迫したやりとりや、リスクを負ってまで会社を動かそうとする筆者の姿勢が描かれている。

    しかしながら、イトマン事件の真相には十分切り込めなかったことや、そもそものイトマン事件を知らない私からすると、ややおいて行かれる印象。...続きを読む
  • 住友銀行秘史
     この本を開くと最初に登場人物を紹介するページが3ページほどあります。そこに出てくる名前をみただけで手がちょっと震えました。
     私が住友銀行にいたときの頭取、取締役。(私はぺーぺーでした)
     イトマン事件がどれほど根の深い事件だったかが一番身近にそれを見た著者國重氏のメモをもとに解きほぐされます。
    ...続きを読む
  • 住友銀行秘史
    事実は小説より奇なりを地で行く本だった。バブル崩壊の象徴ともいえるイトマン事件のまさに真っ只中にいた著者によるノンフィクション。欲望が渦巻いている世界が凄まじい。
  • 住友銀行秘史
    1990年、バブル真っ只中の日本金融界で起こったイトマン事件。本事件は経営不振のイトマンを立て直すために住友銀行から派遣された河村社長による不正経理事件だ。莫大な負債を隠すために絵画取引を利用するなど、当時としてはその意外な手段が注目された。

    一躍時の悪役となったイトマンのメインバンク住友銀行はこ...続きを読む
  • 住友銀行秘史
    イトマンという中堅商社にまつわる5,000億円規模の事件。5000億円ものお金が闇に流れたということで、バブルの時代を象徴するような事件を、住友銀行元取締役が、秘密のメモの公開という形で当時の事件の真相を白日のもとに晒した話題の本。

特集