「星野佳路」おすすめ作品一覧

「星野佳路」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント
    201805/

    事業の立ち上げには経営者としての能力、知識などを越えたリスクが存在します。成功には運も必要で、それだけ難易度も上がります。一方、ファミリービジネスには先代までに築いた基盤があり、後継者はそのベースを改善すればいいわけです。新事業と比べれば、成功の確率はずっと高い。
    だからこそ、ファ...続きを読む
  • 社員の力で最高のチームをつくる―――〈新版〉1分間エンパワーメント
    一人ひとりの持つ力を解放して、同じ方向に向かってその力を集結させ、チームとして想像以上の力が生みだすのがエンパワーメント。

    まずは力を発揮できるように、全ての情報を共有する。
    力の流れが分散しないように、境界線を設定する。
    自分事にし、責任と権限を持てるようセルフマネジメント型の組織に変革する。
    ...続きを読む
  • 社員の力で最高のチームをつくる―――〈新版〉1分間エンパワーメント
    ビジネス小説のような形式で、「エンパワーメント」を学べる本。社員一人ひとりが最高の力を発揮し、会社をよくしようと本気で考えるチームを作るのに大切なことが学べたと思う。

    ■エンパワーメントの3つの鍵
    1.正確な情報を社員全員と共有する
    2.境界線を明確にして自律的な働き方を促す
    3.階層組織をセルフ...続きを読む
  • 競争優位を実現するファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略
    価格・サービス・アクセス・経験価値・商品の5つ。それぞれ3レベルで表現して、すべてでレベルを高めようとしてはいけない、という点だけは頭に入りました。
    独りよがりなSWOTよりも、いろいろな回答がでて、それをぶつけたらよさそうな感じがします。
  • 競争優位を実現するファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略
    結論として期待以上に良書でした。
    正直コトラーも読んだことすらないからかもしれませんが、本書の5つの指標と重み付けは大変勉強になりました。
    特に個人的な話ですが「中庸」「選択と集中」と何か行う際の指針にしていたため、本書中の5つの資料の程度感(中庸)と差別化や独占(選択と集中)が多少なりとも該当して...続きを読む

特集