奥山俊宏の一覧

「奥山俊宏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/25更新

ユーザーレビュー

  • ルポ 東京電力 原発危機1カ月
    僕は記者会見の映像を見ていないので詳しいことはなんとも言えないんですけれど、一つ言えるのはあの場で言ったことを家や仕事や故郷を失った福島県の人の目の前で同じことを繰り返せますか?ということです。

    この本が朝日新聞の記者が東京電力のすべての会見現場に立会い、東電側の社員と自分を含め貴社との一ヶ月のや...続きを読む
  • バブル経済事件の深層
    最近元号が変わったということで、「平成」を振り返る企画がメディアに溢れています。そのなかで、「ありがとう平成」などという頭の悪そうな企画の数々とは一線を画し、平成時代の負の側面ともいえる「バブル」を総括するのが本書です。

    "平成の三十年は、バブルの絶頂に始まり、その崩壊」、その後始末に費やされた「...続きを読む
  • バブル経済事件の深層
    経済記者による、バブルを象徴する事件の当事者たちへのヒアリングをまとめた本。
    事件後に当事者に取材を当てているだけでなく、事件時・あるいは事件前から接触をしているケースもあり、他の経済事件本とは臨場感が違う。

    一番面白いのは終章で、定期的に昼食会を開くほど仲睦まじかった大蔵省と特捜部のキャリア組が...続きを読む
  • ルポ 東京電力 原発危機1カ月
     本書は、朝日新聞報道局に所属する記者が東京電力の原発事故の取材をリアルタイムでネットで配信した内容を中心に加筆したものであるが、その2011年3月11日から4月13日の記録には驚愕するものである。その迫真迫る危機の様相と迫力ある内容は、当時の新聞報道を大きくしのぐすごいものだ。
     福島原発における...続きを読む
  • ルポ 東京電力 原発危機1カ月
    今よんでも、あのときの切実な気持ちが思い出された。企業広報側と対峙するマスコミとの掛け合いが臨場感あるドキュメンタリーで描かれます。いろいろ思い、考えさせられたが、やはり「誠実であること」だけは忘れないようにしたい。