「朝日新聞大阪本社編集局」おすすめ作品一覧

「朝日新聞大阪本社編集局」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/10/19更新

ユーザーレビュー

  • ルポ 児童虐待
    虐待の事例が豊富で読んでいて泣きそうだった。児童虐待を虐待者、被虐待児、児童相談所、児童養護施設、里親、教師の視点から考察し、社会が虐待問題にどう向き合うべきかを考えさせられた。知らなかったことがたくさんあって驚くと同時に知った以上、自分にできることを考えなければいけない。
  • ルポ 児童虐待
     「一週間に一人の割合で、日本のどこかで子どもが虐待されて死んでいます。児童相談所に寄せられる虐待相談は、この20年足らずで実に30倍超に脹れ上がりました」という、 悲しい現状を伝える一文からこの本は始まっている。

     生後四年までは、大変ながらも幸せな育児の日々を送っていた事、周りの子と比べて小さ...続きを読む
  • ルポ 児童虐待
    加害者も少なくとも部分的には被害者←児童虐待が社会的な問題のひとつの現れ方である限り。そこの根っこを絶つ為の取り組みにも触れられていた。それでも、生きられる子どもは生きてほしいとは相変わらず感じているので、スタッフ・施設の拡充を願ってしまいます。
  • ルポ 児童虐待
    児童虐待を止めるには。法律、児童相談所、社会、学校が、もっともっと連携しなきゃいけない。
    親子を離せば済む問題じゃない。離す時も、離してる間も、戻ったあとも、ずっとケアしなきゃいけない。
    この問題を改善していくのは、本当に難しいことなんだと思った。うまくいえないけど、子供たちみんなが幸せになってほし...続きを読む
  • ルポ 児童虐待
    渾身の取材と言える。様々な当事者から吸い上げた声に、悲痛さと希望、そして絶望を感じた。涙なくして読めなかった。

    では、どうすればいいのか?
    本書では最期に専門家による簡単なてい談が組まれているが、その明確な答えを出すにはいたっていない。
    なぜ、暴力、虐待がなくならないのか。その心の闇にメスを...続きを読む