「町田徹」おすすめ作品一覧

「町田徹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2014/12/26更新

ユーザーレビュー

  • JAL再建の真実
    経営破綻から2年8ヶ月という異例のスピードで再上場を果たしたJALを追い続けたジャーナリストによる、経営再建までを追った一冊。

    最大の見所は経営破綻寸前のJALが、民主党政権下でいかに政治の玩具として弄ばれ、スピーディーな再建策の実施に移れなかったかを暴いた点にある。国土交通大臣だった前原誠司とい...続きを読む
  • JAL再建の真実
    再上場を果たしたJALの真相に興味を持って購入。
    銀行団が送り込んだアリックス(企業再生専門の支援会社)、JAL再生タスクフォース、稲盛さんのアメーバ経営等は興味深かった。

    <備忘録メモ>
    「頑固者で一直線。昔ながらの経理部長タイプ」(部長時代の西松氏)
    「機材関連報酬額」→営業外利益で計上
    電車...続きを読む
  • JAL再建の真実
    JAL再建の内幕を見事に抉る手腕は、著者ならではのもの。ジャーナリストの立ち位置を考える上でも、格好の材料を提供してくれる。
  • 東電国有化の罠
    これは取材源に肉薄する町田氏ならではの著作。東電国有化をめぐる政治・行政の内幕だけでなく、マスコミの実態にも深く切り込んでいる。著者は東電国有化によって、国民の負担は極めて大きくなってしまったと主張するが、法的整理した場合のトータルコストと比べて、本当にワーストシナリオだったかどうかはまだわからない...続きを読む
  • 行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」
     行人坂は、目黒駅から目黒川に向かって歩くと通る、物凄い傾斜の坂です。
     主なプレイヤーは、みずほ銀行とハゲタカファンドローンスターと目黒雅叙園です。
     内容は江戸時代まで遡ってその土地にまつわる取引の歴史が書かれてますけど、現在進行形なのはみずほの融資についてです。ちなみに本書出版後に森トラストが...続きを読む