「町田徹」おすすめ作品一覧

「町田徹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2014/12/26更新

ユーザーレビュー

  • JAL再建の真実
    JALが、なぜ破綻したのか?
    という 質問に対して 明快な 切り口で 書かれている。
    1章 隠れ破綻→近似値的粉飾決算
    いろいろな 破綻の原因 がある中で、
    貸借対照表と損益計算書から読み砕いて、
    「隠れ破綻」→簿外負債や年金積み立て不足から、
    実質的債務超過であると指摘をしたことに、先見の明がある...続きを読む
  • JAL再建の真実
    経営破綻から2年8ヶ月という異例のスピードで再上場を果たしたJALを追い続けたジャーナリストによる、経営再建までを追った一冊。

    最大の見所は経営破綻寸前のJALが、民主党政権下でいかに政治の玩具として弄ばれ、スピーディーな再建策の実施に移れなかったかを暴いた点にある。国土交通大臣だった前原誠司とい...続きを読む
  • JAL再建の真実
    再上場を果たしたJALの真相に興味を持って購入。
    銀行団が送り込んだアリックス(企業再生専門の支援会社)、JAL再生タスクフォース、稲盛さんのアメーバ経営等は興味深かった。

    <備忘録メモ>
    「頑固者で一直線。昔ながらの経理部長タイプ」(部長時代の西松氏)
    「機材関連報酬額」→営業外利益で計上
    電車...続きを読む
  • JAL再建の真実
    JAL再建の内幕を見事に抉る手腕は、著者ならではのもの。ジャーナリストの立ち位置を考える上でも、格好の材料を提供してくれる。
  • 東電国有化の罠
    これは取材源に肉薄する町田氏ならではの著作。東電国有化をめぐる政治・行政の内幕だけでなく、マスコミの実態にも深く切り込んでいる。著者は東電国有化によって、国民の負担は極めて大きくなってしまったと主張するが、法的整理した場合のトータルコストと比べて、本当にワーストシナリオだったかどうかはまだわからない...続きを読む