「アトゥール・ガワンデ」おすすめ作品一覧

「アトゥール・ガワンデ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/01更新

ユーザーレビュー

  • 死すべき定め――死にゆく人に何ができるか
    前著『医師は最善を尽くしているか』に続き、読んだ後に色々と教えてしまう本。身近な人ー親や祖父母、場合によっては妻や夫などーが人生の最後を迎えるというのは誰にでも起こり得る。しかも唐突に。そんな時、私ならどう対処できるか。たぶん、多くの人はそんなことを考えたことがないはず。でもそれは誰にでも必ず起きる...続きを読む
  • 死すべき定め――死にゆく人に何ができるか
    人の死を看取った人、看取ることになる人はもちろん、いつか死ぬ全ての人が、死について考えられる良い本。
  • 死すべき定め――死にゆく人に何ができるか
    これまで読んだ本の中で、もっとも深く考えさせられる本。私たちは「何が原因で死ぬのか」を考え恐れるが、「どのように死ぬのか」、つまり「どのような経過をたどって死を迎えるのか」についてはあまり考えない。そして実際に死が避けられないとわかった時に混乱し、不安のどん底に突き落とされ、決して平穏とは言えない時...続きを読む
  • 死すべき定め――死にゆく人に何ができるか
    現役医師ガワンデ氏が実際関わってきた人達のエピソードが書かれている。
    死に行く人にどう向き合うか。気持ちの整理ができる。
  • 死すべき定め――死にゆく人に何ができるか
    死すべき定め

    数多くの死を見続けた医療従事者が自らの医療体験ならびに家族の死から、現代の高度に医療が発達して寿命が延ばせる時代に死とは何か?幸福な死とは何かを問う本。

    現代医学の介入がない時代は人々は命にかかわる病気に自分が冒されていると気がつくのと死ぬまでの間隔は数日から数週間の単位であった。...続きを読む