「太田静子」おすすめ作品一覧

「太田静子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/11更新

ユーザーレビュー

  • 斜陽日記
    太宰治の「斜陽」の下敷きとなった日記作品です。もう30年も前になりますか、斜陽に魅せられて繰り返し読んだものです。その下敷きとなったこの作品が今、文庫で読めるというのは幸せなことですね。余談ながら、「斜陽のおもかげ」、吉永小百合主演の青春映画でしたが、太田静子と太田治子の親子の姿を描く感動作でした。...続きを読む
  • 斜陽日記
    人は恋と革命のために生まれてきたという名文が、太田静子のものであったこと。
    「斜陽」の直治の自殺と最後のかず子の手紙が太宰治のものであったこと。
    このことが分かって私はしんみりとしたはげましを感じた。

    太田治子の解説の受け売りだけど、直治はほとんど太宰であったから、きっと書きながらとても死にたかっ...続きを読む
  • 斜陽日記(小学館文庫)
    太田静子さんは太宰治の奥様でした。今作は太宰著の『斜陽』の元となった作品。二冊を比べて読むと本当に面白い。個人的には『斜陽』より『斜陽日記』が好き。
  • 斜陽日記(小学館文庫)
    太宰の代表作となり「斜陽族」という流行語まで生んだ『斜陽』のかずこのモデルとなった太田静子の日記。というより正確に言うなら、『斜陽』はこの日記を太宰が加筆修正、没落とその中で強く生きる女性という美しい世界観を作り上げた。当然『斜陽』の文と重なる、否、そのまんま、ってところだってある。比べながら読むと...続きを読む
  • 斜陽日記
    太宰の『斜陽』の下敷きとされた作品ということで興味を持ったので、どうしても比べながら読んでしまいました。前半は思ったより似ていないかなと思ったのですが、後半ではそのまま使われているようなところも多かった印象です。これは元々あったもの、あれは太宰が付け足したものと知れて、また作品に関して考えたくなりま...続きを読む