「沢辺有司」おすすめ作品一覧

「沢辺有司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/18更新

ユーザーレビュー

  • 学研まんがNEW世界の歴史 6 ルネサンスと大航海時代
    子供向けの漫画と侮れませんな。ダヴィンチとミケランジェロとラファエロはこんなに近い存在だったんだとは知らなかった。互いに影響しあったのでしょう。1人の天才がまた別の天才を呼び寄せて、作り上げていくのでしょうね。

    あと、コロンブスを善人として描ききってないところが、よいですね。僕らはコロンブスは素晴...続きを読む
  • いちばんやさしい三大宗教の本
    私は高校にときに受けた地理の授業で、世界のことについて興味を持ちました。中でも宗教をもっと深く学びたいと思い、本を探していたところ、この本に出会いました。
    宗教を語らずに世界を語ることは出来ません。そんな宗教の中でも三大宗教と呼ばれる、仏教、キリスト教、イスラム教について図やイラスト共に細かく、丁寧...続きを読む
  • 学研まんがNEW世界の歴史 7 フランス革命と産業革命
    表紙のマリー=アントワネットがかわいすぎる。
    かなり女子ウケする表紙です。
    エリザベス女王の時代~絶対王政~市民革命(名誉革命やフランス革命)~ナポレオンの時代という流れで構成されており、ラストの章にはワットのお話による産業革命が描かれています。

    個人的にはワットの話が一番面白かった♪新しいものを...続きを読む
  • 図解 いちばんやさしい地政学の本
    最近良く耳にする地政学の入門書。アメリカ、ロシア、中国、EU、中東、アジアの各地域ごとに分けて解説。各国の首脳はどういう考えで世界を見ているのか、なぜ各地でテロが起きるのかなど、現在の世界情勢がわかりやすく説明されている。地政学を学ぶ最初の一冊としてオススメ。
  • 学研まんがNEW世界の歴史 9 列強の世界植民地化とアジアの民族運動
    ヴィクトリア女王の生涯と大英帝国の歴史を軸にアヘン戦争、太平天国の乱、インド大反乱、オスマン帝国、ドイツ、アフリカの植民地分割について描かれています。
    学研の「世界の歴史」シリーズの中では一番よくまとまっている本かと思います。
    ただ・・・ヴィクトリア女王がこのマンガに描かれていたようにかわいらしい人...続きを読む

特集