「レイ・カーツワイル」おすすめ作品一覧

「レイ・カーツワイル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/08更新

ユーザーレビュー

  • シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
    著者はgoogleのAI開発責任者。私たちはgoogleに頼りきっているので、無意識のうちにこの人の未来ビジョンに向けて乗っかってるのではなかろうか。
    とにかく著者自身が賢い。物理も生物も情報の基礎も知らないと本の内容を真に理解できない気がする…。私は物理的内容が理解しきれなかった…。
    生物進化が専...続きを読む
  • 人類の未来 AI、経済、民主主義
    どのインタビューも深く掘り下げられていて、読み応えがあった。道を極めた人の考えを、インタビューだと偏りすぎずに聞けるのがいいなと思った。
    内容に関してもどれも興味深かったが、サイエンスは大事だが人間にとっては物語も重要、というのが面白かった。むかし哲学と自然科学は密接だったというのも。なるほど。
  • シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
    テクノロジーは線形ではなく指数関数的に増加しているというのが氏の主張している所の根拠の肝となる。
    「収穫加速の法則」

    ※生命のタンパク質をベースとしたメカニズムは限 界がある→脳をリバースエンジニアリングする事により脳を再設計できる(人と機械の融合)
    ※人間の脳内のニューロンの計算速度は遅いが超並...続きを読む
  • シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
    人工知能の世界的権威である著者が2007年に刊行した同名書の要約版。テクノロジーの指数関数的な進化により、人間の生活が不可逆に変容する「技術的特異点(シンギュラリティ)」が2045年に訪れるという予測をしている。
    本書は、遺伝子・ナノテク・サイバネティックの進化が技術的特異点をもたらすと説く。1k...続きを読む
  • シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
    AI関係の書物の参考文献で必ずといっていいほど登場するのがこの本。
    著者はニューヨーク生まれの発明家で思想家。グーグルで人工知能の開発を務めるなど前線でさまざまなAI構想を深化させているだけに、さまざまな可能性を感じさせてくれる。