今野雅方の一覧

「今野雅方」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/11更新

ユーザーレビュー

  • 深く「読む」技術 ――思考を鍛える文章教室
    本書を読んだことで本を読むたのしさが広がった。

    深く読むには目の前にある文章を読んでいるだけではダメで、「なぜ著者がこの文章を書いているのか」「なぜこの主張をするのか」「なぜこの表現をするのか」を考えなければならない。
    文章を書くことが機を織る、絹を紡ぐ作業に例えられるなら、文章を読むことはそれら...続きを読む
  • 深く「読む」技術 ――思考を鍛える文章教室
    文章の字義的な意味とその奥にあるものを深く追求することで、みずからの内にある既存の理解の枠組みを揺さぶるような読書の仕方を、実際に著者とともに文章について考えていくことで読者が体得することを狙った本です。

    内田樹の『下流志向』や竹内敏晴の『ことばが劈かれるとき』、色川大吉『近代国家の出発』、須賀敦...続きを読む
  • 深く「読む」技術 ――思考を鍛える文章教室
     いまいちだった。大学の講義を文章に起こしただけのような気がした。授業としてこういう授業を受けたら面白いような気はするが、文庫としては面白くなかった。

     具体的な文章の解説ばっかりで、抽象論があまりないようにかんじ、結局何が言いたいのかがよくわからなかった。


     ただ、筆者の一つの文章を深く読む...続きを読む
  • 深く「読む」技術 ――思考を鍛える文章教室
    網野善彦が経験した「百姓」という語句に関わるコミュニケーショントラブル、内田樹が読者を知らず知らず引きこむ巧みなテクニックを題材にした最初のほうは面白かったが、途中から文芸評論に変わっていくのが、ちょっと・・・。