「矢立肇・富野由悠季」おすすめ作品一覧

「矢立肇・富野由悠季」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:矢立肇・富野由悠季(ヤタテハジメトミノヨシユキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1941年11月05日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:アニメーション監督

「矢立肇」は実在の人物ではなく、アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作会社「サンライズ」のアニメーション作品企画部が用いる共同ペンネーム。『機動戦士ガンダム』関連作品で富野由悠季とともに原作者としてクレジットされている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/24更新

ユーザーレビュー

  • 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 1巻
    1巻以降は主人公達の過去とアクシズでのvs謎の武装組織戦が交互に展開していく。
    小説は面白かったけど派手さがない、言ってしまえば淡々と進む地味な話ではある。
    ストーリーと設定を知ってる身としては小説版にない設定を
    どうアレンジしてくるか楽しみにしている。
  • ガンダムビルドファイターズA-R(4)
    今更ですが人物描いてないガンダム漫画の表紙って、かなりレアなのでは。

    それにしても、ホントにバカばっかりというかw
    「※ファイターは1人です」とかもう…笑うしかないんだけど、これが熱いというか、「なるほど!」と思ってしまうのが悔しいやらばかばかしいやら。
    しかもこれ伏線じゃないのかな…w
    バカも色...続きを読む
  • 機動戦士Zガンダム Define(12)
    エゥーゴとティターンズを離れて、丸ごとアクシズじゃなくてハマーンの12巻。
    地球圏へひそかに進行中のアクシズ内部で何が起きていたのか。C.D.AとZ Defineをつなぐミッシングリンク。
    いつでもどこでも、内紛続きのアクシズ。ZZの出来事を暗示させることも多いです。
    やはり、リーダー不在が大きいか...続きを読む
  • 機動戦士ガンダムUC11 不死鳥狩り
    小説本編の前後にあるエピソードを短編化したもの。宇宙世紀の予備知識なしでも読めると思う。あればあるで奥行きが増す。短編でも魅せることができるかと感心しつつ読み終えた。映像化して欲しいなー。と思わせる。いい話。
  • ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム
    ジャンク品から作ったガンダムもどきのMSでテロに対抗していく。
    終盤、軍の正規品で本物のガンダムになる。
    熱い物語でちゃんとハッピーエンドなのが良い

特集