「倉本由香利」おすすめ作品一覧

「倉本由香利」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/08/10更新

ユーザーレビュー

  • グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる
    自分の勤務先にとっても、いよいよ現実的に重要性が高まってきている"グローバリズム"。
    いかに日本企業が、新興国市場を主軸とした企業のグローバル化に対応していくべきか。組織から個人へ、販売から製造・経営組織レベルへ、しっかりしたフレームを立てて、明快に論じており、読み易かったです。
    特に、黒船到来以来...続きを読む
  • グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる
    「自力モデルは自社の企業理念に沿った確実な成長を行うことができる反面、成長のスピードは緩やかにならざるを得ないという問題がある。まだ成長スピードが遅いアフリカなどの市場を狙うのであればよいが、中国のように急成長している市場を今から狙う場合、自社の現地の人材や技術を育てながらじっくりと成長するモデルで...続きを読む
  • グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる
    ・日本のグローバリゼーションは三つの段階1)sales &Marketing 2)Manufacturing 3)Org
    ・今はOrgにきている。人材の多様性を増やすことが日本にとって重要
    ・日本がグローバルするcore competenceとして、製造業かサービス(おもてなし)
    ・人材のグローバル...続きを読む
  • グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる
    日本企業がこれからどのように海外展開に取り組んだらいいのか?という点について、具体的に提案をしている。こうした内容は、実はなかなか本で見つけられておらず、参考になる点が多々あった。ただ、一部に事実誤認があったり、大企業の話にとどまるのではという印象を与えたり、という点は気になった。
  • グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる
    グローバル化の時代において、日本企業、日本人に必要なものは何かを考察。結論は、組織のグローバル化と、個人のグローバル化が必要ということ。そもそもグローバル化とは、国を超えて地球規模で交流や通商が拡大すること(広辞苑)である。人事部が日本人だけを評価して、外国人は各国のマネジメントに任せますでは話にな...続きを読む