風見周の一覧

「風見周」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:風見周(カザミメグル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年12月31日
  • 出身地:日本 / 静岡県
  • 職業:作家

「かざみ めぐる」と読む。2001年『ラッシュ・くらっしゅ・トレスパス!』(イラスト:おときたたかお)で第13回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞しデビュー。『嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた』(イラスト:konomi)、『僕と彼女がいちゃいちゃいちゃいちゃ』(イラスト:高品有桂)などの作品を手がける。代表作は『殺×愛 -きるらぶ-』シリーズ。

作品一覧

2019/01/26更新

ユーザーレビュー

  • 殺×愛0 ―きるらぶ ZERO―
    ニヒルに構えた主人公と元気っ娘の幼馴染。ニヒルな主人公が最終巻まで一貫しているのが、とても良い作品でした。それに真面目で正義感溢れるヒロインの乱入と世界の荒廃。その中でも主人公視点で主に語られていくのがとても良かったです。
  • 殺×愛7 ―きるらぶ SEVEN―
     サラサラ、サラサラ――
     舞い散る雪の中、僕のココロは凪いでいた。サクヤは学校を守ろうとしてるみたいだ。そんなこと無駄なのに。学校も”セカイ”もなくなってしまうのに――。
     だけど、対天使兵器の少女は傷つきながら闘う。サクヤの眼差しと言葉が、なにより来夏が遺した手紙が、僕にもう一度温かい気持ちを呼...続きを読む
  • 殺×愛5 ―きるらぶ FIVE―
    にゃみちゃん乙.......。

    サクヤもまさかこんな扱いかよ.....。

    来夏ルートは期待していたけど、こういう展開で持ってくるとは予想外。

    いずれにしてもかなり物語を動かしてきましたが、まだ8月。

    あと半年以上もあるのにこの鬱展開でもつかなあ......。
  • 殺×愛0 ―きるらぶ ZERO―
    こんな綺麗な作品は読んだ事無いってくらい斬新で新鮮な本です。読み終わった後は何ともいえない感じになります。今まで読んだ本で一番いろいろな意味で嵌りました。
  • H+P10 -ひめぱら-
    サキュバスのレネゲイドの僕である「淫魔の右目」セグレタは、サンチャの姿となって恭太郎のもとを訪れ、彼から魔力を奪い取っていきます。そのおかげで、恭太郎はイ○ポになってしまいました。ピコル師匠は、恭太郎の魔力を復活させるためには「らぶらぶえっち」でアソコをビンビンにさせる必要があると説き、レイシア、エ...続きを読む

特集