「畠山創」おすすめ作品一覧

「畠山創」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/06更新

ユーザーレビュー

  • 大論争! 哲学バトル
    各テーマの最後に、ソクラテスさんが話をまとめてくれ、さらに下に用語解説があり、とてもスラスラと分かりやすく読むことが出来ました!
    一つのテーマについて答えを出すことよりも、常にテーマについて考えていくことが大事だなと改めて思いました!
  • 考える力が身につく哲学入門
    哲学への興味がありつつ「哲学って何?」という初歩的な疑問を抱いている人におすすめできる入門書です。とにかく読みやすく分かりやすい言葉で書かれているので頁をめくる手が止まりませんでした。古典から現代まで、様々な哲学者がそれぞれに掲げていた主張とともに紹介されています。ひとりひとりの紹介に割かれる頁は多...続きを読む
  • 考える力が身につく哲学入門
    題名の通り、"入門"にふさわしく哲学への敷居が低く設定された本。ただし、哲学者を次々と紹介するスタイルなので、「勉強」という感じは拭えない。ページ数が気にならなければ、「ソフィーの世界」の方が気楽に読めるかも。
  • 考える力が身につく哲学入門
    まさに入門書といった感じ。
    哲学者の思考が分かりやすく書かれている。
    特に気になったワードについて。
    なずそうでなければならないかを考える。
    良いとは何かを探求し続ける。
    ニーチェ
    生きる意味とは。
    意味を探しているということはそもそも意味はないのでは。だったら私たちが作ればいい。
    オリエンタリズム...続きを読む
  • 大論争! 哲学バトル
    非常に購入しにくい表紙だったにも関わらず、とても面白いコンセプトの本です。哲学の永遠の命題について、(神の存在の有無、殺人の善悪など)古今東?西の哲学者がどのように考えるかを討論形式で展開してます。私も詳しい人間ではありませんが、哲学のとっかかりの入門書として悪くないのではと思いました。表紙だけみた...続きを読む