「うすね正俊」おすすめ作品一覧

「うすね正俊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:うすね正俊(ウスネマサトシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年03月10日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

『サムソン』で第22回手塚賞準入選。代表作の『砂ぼうず』はテレビアニメ化された。他に『EATER』などの作品がある。

作品一覧

2017/06/24更新

ユーザーレビュー

  • 砂ぼうず 17巻
    今回のあまりに早い発刊に、驚き戸惑いつつもやっぱり購入。作者さんの体調も安定してきたのかな。しかも、前数巻よりも明らかに筆がノッている気がします。

    今巻は何と言っても古参キャラ秋夫がいい!淡々と殺伐とした毎度の空気感の中、満とのカラミで名言とも呼べるセリフがあります。勝手に名言と崇めてますが、この...続きを読む
  • 砂ぼうず 17巻
    進みは遅いけど、1年に1冊の刊行ペースは守れているようで、良かったです。
    子砂の復活&特殊能力発現か⁈ そして、そこはかとなく名前を出すのも不吉なヤツの気配が…。
    次巻は大活劇を期待してます。
  • 砂ぼうず 16巻
    1年で出た‼︎ 3年後だと思って奥に収納したのに…。まぁでも、健康に問題なく順調に描けているようで、何よりです。
    救出作戦は続行中。限界ギリギリの体に鞭打ち、ヒューロン水島との捨て身の対決に臨む小砂。皆を巻き込む大惨事にて決着です。
    小砂が超ストレスでシワシワに萎んでしまった…。何があった⁈ 1年...続きを読む
  • 砂ぼうず 15巻
    ハンターがトチ狂って洞窟を爆破。
    ギリギリ地上に逃れたが、重病人を抱え、満が倒れ、小砂の疲労も限界に。
    ハンターにしつこく狙われ敵地の真っ只中、無事脱出はできるのか⁈
    文明の遺物が砂の中地下深く埋れた関東大砂漠。こんな生き辛い世界になっても戦争しているなんて人間はまだまだ元気。そして阿呆だ…。
    ...続きを読む
  • 砂ぼうず 1巻
    すごく細かく描写されてます!トーン部分があんまりない…すごい、舞台が舞台なので人間の本質がグイッと全面に出た作品だとおもう。主人公はやるときはやる派