「川西諭」おすすめ作品一覧

「川西諭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:川西諭(カワニシサトシ)
  • 性別:男性
  • 職業:大学教授

東京大学大学院経済学研究科卒。『ゲーム理論の思考法』や『経済学で使う微分入門』などの作品を手がける。

作品一覧

2017/07/15更新

ユーザーレビュー

  • マンガでやさしくわかるゲーム理論
    人間の行動を学問化した新しい分野
    何でも学問になるもんだ。
    ボランティアではなく、
    体験ねえ、なるほど。
    ただし、やっぱり人間の行動は簡単に
    区分できるほど単純ではない。

    教養ではなく知識として知っておく。

    物語の温泉街のように自分たちで考える。
    役所、行政に頼ってはいけない。

    本題ではないが...続きを読む
  • 知識ゼロからの行動経済学入門
    人が、伝統的な経済学では説明できない、非合理的な行動を取るのはなぜか。経済学と心理学が融合した理論。

    認知的不協和=酸っぱいブドウ
    現状維持バイアス
    プロスペクト理論
    利他的行動
    囚人のジレンマ

    etc…の説明
  • マンガでやさしくわかるゲーム理論
    ⚫︎ゲーム理論とは?
    ⚫︎囚人のジレンマ ゲーム理論の基本
    ⚫︎コーディネーションゲーム 社会が動くしくみ
    ⚫︎ダイナミックゲーム 時間的な視野を広げよう
    ⚫︎行動経済学的ゲーム理論 人の行動を知る
    ⚫︎ゲーム理論の応用 一歩進んだ問題解決のために

    各章で実戦的なマンガが入っているので、と...続きを読む
  • マンガでやさしくわかるゲーム理論
    ちょっと前にNHKで囚人のジレンマなどの経済心理学?行動学的なことをやってるのを思い出して、冬休みに読もうと思って買った。
    意識せずに、似たようなことをやっていつつ、あらためて勉強して「そうだったのか」ってこともよくあること。
    コーディネーションゲーム、ダイナミックゲームなどの理論など。
    また、事態...続きを読む
  • ゲーム理論の思考法
    非常に簡単に読める本である。
    それだけ、考えなくても 読める。
    『ゲーム理論』の 底の浅さが 感じられる。

    ①ゲームの構造(問題の全体像)を把握する。
    ②起こりうる未来を予測する。
    ③適切な解決策をみつける。

    まぁ。全体的に 客観的に見ることだ
    と言うことらしい。

    囚人のジレンマも 結局は ケ...続きを読む

特集