南原幹雄の一覧

「南原幹雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/14更新

ユーザーレビュー

  • 謎の団十郎
    六編の時代物短編集。
    後半も面白いけれど、なんといっても八代目の謎の自殺に江戸・上方の商人たちの大規模な闘いをからめた前半三編が素晴らしい。
    「油地獄団十郎殺し」で八代目の死の理由を読み終えた後「初代団十郎暗殺事件」の一遍を思い返すと、その作りこんだ設定の鮮やかな対比に感じるしてやられた感が快感。
    ...続きを読む
  • 豪商伝 薩摩・指宿の太平次
     浜崎太平次は抜け荷(密貿易)で成り上がり、薩摩藩もこれを容認(後押し?)ひいては頼りにしていたということが分かった。幕末の歴史についてひとつ勉強になった。
  • 謀将 直江兼続(下)
    兼続の野望が最後潰えるのがあっけなかった。徳川幕府が倒される事なく続いていく事は史実として知りながら尚読みながら兼続の打倒徳川を祈ってしまう。
  • 謀将 真田昌幸(下)
    「表裏比興の者」
    「小で大を制す」
    まさに昌幸にあてはまる言葉ですね!!
    あれだけの小勢力で同盟者をコロコロと変え、普通に考えるとただの裏切り者のように見えるが、そこが昌幸の謀将たる所以なんでしょう。
  • 徳川四天王(上)
    三河の弱小大名・松平広忠に嫁いだお大の方は、四天王に守られた帝釈天の幻を見ながら竹千代(のちの徳川家康)を出産した。今川義元の属将を経て、桶狭間の戦いを機に岡崎に帰還した家康は、織田信長と清須同盟を結んで今川氏を退け、武田氏を滅ぼして着々と勢力を拡大する。「家康に過ぎたるもの」といわれた本多忠勝を中...続きを読む