堀裕嗣の一覧

「堀裕嗣」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/10/06更新

ユーザーレビュー

  • スクールカーストの正体 -キレイゴト抜きのいじめ対応-(小学館新書)
    現役中学生教師の筆者が生徒たちのスクールカーストの状況を分析している本。
    スクールカーストを意識することで、生徒への指導も適切にできるようになる。先生もスクールカーストの査定をされている。
    この本は、先生から見た、学校、教室の管理方法について、ストレートに本音ベースで書いてある。一人の人間として、様...続きを読む
  • スクールカーストの正体 -キレイゴト抜きのいじめ対応-(小学館新書)
    ■スクールカーストの決定要因は「コミュニケーション能力」
    ■昨今,リーダー生徒が不登校に陥る事例が増えている。
    ■現代の生徒たちは「自己主張力」「共感力」「同調力」の総合力としての「コミュニケーション能力」の高低を互いに評価し合いながら自らの「スクールカースト」の調整に腐心しているとみてよい。
    ■「...続きを読む
  • スクールカーストの正体 -キレイゴト抜きのいじめ対応-(小学館新書)
    印象に残った箇所が多々あった。
    現在の教室を多角的に分析し,生徒同士の関係を的確に分析していると思う。
    これからも読み返す本になるだろう。
  • スクールカーストの正体 -キレイゴト抜きのいじめ対応-(小学館新書)
    著者は現役教師という触れ込みですが、クラス内のトラブルに直接関わる担任の視点というよりも
    現場から少し離れた、安全な立場からの見方だなという印象を受けました。

    また、ネタ切れなのか後半はやけに引用に頼ったところがみられます。
    肩書は立派ですが、実際は本を出すほどに教室の現状を把捉できていないのでは...続きを読む
  • スクールカーストの正体 -キレイゴト抜きのいじめ対応-(小学館新書)
    「スクールカースト」という考え方に基づいて、現在の子どもたちの学級における関係性を読み解いていこうとする本です。

    本書では、スクールカーストの決定要因は「コミュニケーション能力」とされています。
    「自己主張力」「共感力」「同調力」それぞれの「高い」「低い」の組み合わせによって、8つのタイプがあると...続きを読む