古山和男の一覧

「古山和男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 秘密諜報員ベートーヴェン
    西洋音楽に興味のない人でも全く違和感なく楽しめる。

    検討する価値が十分にある仮説であり、それを一般向けに分かりやすく説明した点などで優れた新書である。
    気鋭の研究者が書いた新書は面白い。
  • 秘密諜報員ベートーヴェン
    [ 内容 ]
    ベートーヴェンが「不滅の恋人よ」と呼びかける三通の「ラヴレター」は、いまだに、誰に宛てて書かれたのか、決定的な証拠はない。
    この音楽史最大のミステリーに、新説が登場!
    実はこの手紙は、1812年の夏、全ヨーロッパを巻き込んだ大事件の中で、楽聖が「政治的危機」を友人に伝える「暗号」だった...続きを読む
  • 秘密諜報員ベートーヴェン
    タイトルで「トンデモ本かな?」と思ったけど、そうじゃなかった。でも誤解を生まないかこのタイトル…本の内容を的確に言い表しているとはとても思えないんだが。

    ベートーベンが書いた、「不滅の恋人」への手紙にまつわる謎についてがこの本の主題である。ベートーベンにまつわる、常識を覆すような説などもちょこち...続きを読む
  • 秘密諜報員ベートーヴェン
    ベートーベンのことを面白おかしく書いた本だと思った。
    「不滅の恋人」が誰か!?
    彼にとっての本当の恋人は「真の自由」であったのかもしれない。
    おなじみの第九に込められた、真の叫びは、古い体制から抜け出し、人としての尊厳と自由を得ること。
    まさにヨーロッパの体制が大きく変わる激動の時代に、ベートーベン...続きを読む
  • 秘密諜報員ベートーヴェン
    実はベートーベンはナポレオンを応援する秘密結社のメンバーであった!

    トンデモ本的ニオイのするツカミだけど、それは著者の仮定。で、その仮定に基づくと、ベートーベンにまつわるいろいろな謎が解けるのだ。

    そして、音楽史の最大の謎といわれるベートーベンが死の直前に遺した宛先不明のラブレター。それは、結社...続きを読む